FC2ブログ

記事一覧

ALS嘱託殺人 医師2人再逮捕 安楽死望む別の患者の書類偽造疑い(2020年9月29日配信『NHKニュース』)

 難病、ALSを患う女性に薬物を投与して殺害したとして医師2人が逮捕・起訴された事件で、2人がSNSで知り合った別の難病患者に対して、海外での安楽死に必要な医学的な書類を偽造した疑いで29日再逮捕されたことが、捜査関係者への取材で分かりました。

 いずれも医師の大久保愉一被告(42)と山本直樹被告(43)は、去年11月、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、ALSを患う京都市の51歳の女性から依頼を受け、薬物を投与して殺害したとして嘱託殺人の疑いで逮捕され、その後起訴されました。

 捜査関係者などによりますと、その後の調べで、医師2人はSNSで知り合った九州地方に住む20代の難病患者の女性に去年9月、海外での安楽死に必要な書類を偽名で作っていた疑いがあることが分かったということです。

 関係者によりますと、女性は海外での安楽死を望んでいて、書類には症状や病歴が書かれていましたが関係のない国立病院の名前なども記載されていたということで、警察は29日、2人を有印公文書偽造の疑いで再逮捕したということです。

 女性は実際には渡航していないということで、警察は詳しいいきさつを調べています。

 警察はこれまで2人の認否を明らかにしていません。



ALS嘱託殺人、医師2人再逮捕 安楽死希望の別患者の書類偽造疑い 京都府警(2020年9月29日配信『毎日新聞』)

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者(当時51歳)に頼まれ、薬物を投与して殺害したとする嘱託殺人罪で医師2人が起訴された事件で、別の難病患者の女性が海外で合法的に安楽死するのに必要な診断書を医師2人が偽名で作成したとして、京都府警は29日、有印公文書偽造の疑いで大久保愉一被告(42)=仙台市泉区=と山本直樹被告(43)=東京都港区=を再逮捕した。

 捜査関係者によると、この女性は九州地方に住む20代の難病患者。スイスの自殺ほう助団体に依頼して安楽死することを希望し、申請には医師の診断書などを提出する必要があったという。2人は2019年秋に病状などを記した英文の診断書2点を作成。偽名を記載して公文書を偽造した疑いが持たれている。女性は渡航していない。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ