FC2ブログ

記事一覧

中曽根氏合同葬 1億近い国費は妥当か(2020年9月30日配信『東京新聞』-「社説」)

 故中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬の経費として政府は約9600万円を支出する。故人を悼むのは当然としても、新型コロナ対応で財政が逼迫(ひっぱく)する中、1億円近い税金の支出は妥当なのか。

 昨年11月に亡くなった中曽根氏の内閣・自民党合同葬は10月17日、都内のホテルで行われ、菅義偉首相が葬儀委員長を務める。当初は今年3月に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、延期されていた。

 「国葬令」が廃止された戦後、首相経験者の葬儀形式には明確な基準がなく吉田茂氏(1968年)は内閣主催の「国葬儀」、佐藤栄作氏(75年)は内閣・自民党と国民有志の共催で「国民葬」が行われた。

 内閣・自民党合同葬が行われるようになったのは大平正芳氏(80年)からで、以後、岸信介、福田赳夫、小渕恵三、鈴木善幸、橋本龍太郎、宮沢喜一の各氏が合同葬の形式で行われてきた。

 費用は内閣と自民党の折半で、近年では、橋本氏(2006年)の合同葬に7700万円、宮沢氏07年)には7696万円が政府から支出されている。

 中曽根氏の場合、約2千万円が上積みされた形で、加藤勝信官房長官は記者会見で「延期前に比べて少し増加しているが、葬儀は簡素にしつつ、コロナ対策に万全を期す必要がある。そういう観点から積み上げられた必要最小限の経費」と説明している。

 ただ、中曽根氏の合同葬には一般参列は想定されておらず、内外からの弔問も極めて限られる。

 新型コロナ対策に万全を期すというが、コロナ禍で国民が苦しい生活を強いられ、国の財政も厳しさを増す中、一億円近い支出が妥当か、合同葬の規模や在り方を含めて検討の余地はなかったのか。

 「前例主義を打ち破る」と菅首相は言っていたが、合同葬は先例などを総合的に勘案したという。期待外れの印象は否めない。

 合同葬への高額支出批判に、閣内からは「無駄がないようにしっかりコントロールしてもらいたい」(河野太郎行政改革担当相)「政府の事業は国民の皆さんの税金で行われる。理解をしっかりと得られるような説明をする。これが不可欠だ」(小泉進次郎環境相)との意見も出ている。

 賛否はあるだろうが、中曽根氏は国鉄民営化など行政改革に手腕を発揮した。故人の政治姿勢にたがわぬ国費支出の在り方を、菅政権としても探るべきではないか。



落語の「片棒」は自分の葬儀がどうなるかを心配する大店(おお…(2020年9月30日配信『東京新聞』-「筆洗」)

 落語の「片棒」は自分の葬儀がどうなるかを心配する大店(おおだな)の主(あるじ)の話で、3人の息子に意見を聞く。葬儀のやり方をどう考えるかでふさわしい跡継ぎも決めようというのである

▼上の2人の息子は「豪華なものを」「芸者衆も登場する粋なものを」と答え、却下される。この主、ケチなのである。気にいられたのは一番下の息子で質素な弔いにしたいという。棺桶(かんおけ)は菜漬けの樽(たる)。人を雇うのも無駄なので自分がかつぐが、片棒のもう一方はどうするかで困っていると言うと、この主、「心配はいらん。おとっつぁんがかつぐ」

▼政府を「上の2人の息子」と呼ぶ気はないが話は中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬である。政府が支出する約九千六百万円が高すぎるという指摘が出ている

▼過去の合同葬に比べ、飛び抜けて高いわけではなさそうだが、コロナ禍の不安な日々の中で、その金額にためいきをつく世間の心も分からないではない

▼首相経験者を悼む葬儀の経費にこの手の批判が出た記憶はあまりない。これも時代の変化か。政治家の仕事に対する敬意を国民が抱きづらくなっている。その最大の原因は長年の政治家不信であり、なぜ、そんなお金を使ってまでという疑問につながっている

▼気の毒なのは中曽根さんだろう。政治パフォーマンスにたけ、世論に敏感だったその人なら「片棒」をかつぎかねないのであるが。



中曽根元首相の合同葬、予備費9600万円は「必要最低限」? 政府支出に法的根拠なし➡ここをクリック








スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ