FC2ブログ

記事一覧

「道議の喫煙」事実確認へ 札幌市保健所、議会事務局に(2020年9月30日配信『北海道新聞』)

 改正健康増進法上、現在は全面禁煙となっている道議会新庁舎内で一部道議が喫煙していた問題で、札幌市保健所は29日、施設管理者の道議会事務局に近く聞き取り調査を行う方針を固めた。同法では、喫煙専用室以外での喫煙は違法行為で、保健所に指導や命令の権限がある。

 札幌市内の施設を管轄する同保健所は、道議会事務局への聞き取り調査で事実関係を確認後、現地調査の実施も視野に入れている。吸い殻や道議の喫煙が確認されれば口頭で注意し、道議本人と道議会事務局に対応を要請する。

 市保健所は「事態を非常に重くみている。時間をおいて対処する問題ではない」としている。

 地方議会庁舎などでの喫煙専用室以外での喫煙などに関する相談や情報提供があれば、保健所は指導や命令を行うことができ、指導に従わなければ30万円以下の過料が科される。

 新庁舎内では、自民党・道民会議と民主・道民連合の一部道議が喫煙していたことが判明している。道は29日の道議会予算特別委員会で「法令を順守してルールに基づいて対応することが必要」との認識を示した。道議会庁舎は道所有だが道議会が管理しているため、議会側の対応を見守る考えだ。北海道結志会の赤根広介氏(登別市)への答弁。(袖山香織、安倍諒、村田亮)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ