FC2ブログ

記事一覧

菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒(2020年9月29日『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
政界では有名な話(麻生財務相)

 案の定“内紛”勃発である。もともと不仲だった、菅首相と麻生財務相との暗闘が激化している。この先、2人の対立が政権のアキレス腱になるのは間違いない。総理vs副総理のケンカがどうなるか、さすがに党内も懸念しているという。

 ◇  ◇  ◇

 麻生氏の“スガ嫌い”は、政界では有名な話だ。しかし、それでも菅政権が誕生した翌日の9月17日、麻生氏が自派閥の会合で行った挨拶には出席者も驚いたという。

「昨日をもって、『カン内閣』が発足しまして……」と、わざと“スガ”を“カン”と間違えてみせたのだ。しかも、「カン内閣」「カン政権」と、わざわざ2回も連呼。8年間、同じ安倍内閣にいたのに、いまさら名前を間違えるはずがない。意図的だったのは明らかだ。

 さらに、菅政権が看板政策に掲げている“地銀再編”についても、真っ向から反対してみせた。16日夜の記者会見。

「私ども、金融政策を統制経済でやっているわけではない。地銀再編は一つの選択肢ではあるが、それがすべてではない」と言い放った。金融担当相を兼ねる麻生財務相が“反対”したら、地銀再編は進まない。「菅首相には全面協力しない」と宣言したのも同然である。

麻生氏を牽制するため

 一方、菅首相も巧妙にケンカを仕掛けているという。そのひとつが、携帯電話の値下げを担当する総務相という重要閣僚に武田良太氏を就けた人事だ。福岡県が選挙区の麻生氏と武田氏の2人は、口も利かない“天敵”同士。天敵を目玉閣僚に据えた人事に麻生氏は怒り心頭だという。

 福岡県の地元紙「西日本新聞」(9月27日付)まで、こう報じている。

<組閣前の15日夜、麻生は武田の総務相起用を聞き、怒りを口にしたという><閣僚懇談会で2人は「話すことも、目を合わせることもない」(官邸筋)><「武田起用はけん制の意味もあるのでは」(同)との観測もあり、麻生側のいらだちに拍車をかける>

 麻生氏を牽制するために、菅首相は武田氏を総務相に抜擢した、という解説である。実際、福岡県政ではここ数年、武田の影響力が強まり、麻生氏の力は目に見えて低下している。麻生サイドは、これ以上、武田氏が力をつけることを警戒しているという。菅首相はそれを承知のうえで、嫌がらせで武田氏を抜擢した形だ。

 この先、2人の対立はどうなるのか。

「プライドだけは高く、叩き上げの菅さんを軽く見ている麻生さんは、内心、菅首相の下に就くことを屈辱に思っているはずです。総裁選で担いだのも、勝ち馬に乗るためという理由ですからね。だから、菅政権を来年秋までの暫定政権で終わらせ、その後は、麻生派の河野太郎を総理に就ける腹だと思う。それだけに、菅さんにとって、抵抗勢力になる可能性があります。逆に菅さんも、力をつけたら、自分を見下している麻生さんを切り捨てるつもりでしょう。あの2人が心から手を組むことはないですよ」(自民党関係者)

 政権内部に火種を抱えた菅政権。自壊する可能性もあるのではないか。



「武田VS麻生」波立つ福岡県政界…総務相就任で“三国志”勢力図に変化(2020年9月29日配信『西日本新聞』)

キャプチャ2
麻生太郎(右)と武田良太氏

 衆院議員武田良太(福岡11区)の総務相就任が、福岡県政界の勢力図に微妙な変化をもたらしている。総務相は首相菅義偉が意欲を示す携帯料金値下げなどを担う「花形」ポスト。武田に近い議員も副大臣などに就任し、県内では「武田さんの影響力が大きくなるのは間違いない」との見方が広がる。財務相の麻生太郎、自民党元副総裁の山崎拓、元幹事長の古賀誠による覇権争いは「福岡三国志」と呼ばれてきたが、武田がくさびを打ち込んだ格好。武田と麻生による権力の二分構図が強まることが予想され、首長らは頭を悩ます。

 「この人事はたいしたもんでしょう」。武田は組閣があった16日夜、周囲にこう語った。

 武田は初入閣(国家公安委員長)時にスキャンダルが報じられたこともあり「長くは持たないだろう」(自民県議)と見る向きが大勢だったが、官僚から「面倒見がいい」など評判は上々で、国会答弁も「詰まっているのを見たことがない」(政府高官)と及第点。

 所属派閥会長で党幹事長の二階俊博の下で地方選挙にも汗をかき、官邸関係者は「菅さんは武田さんの仕事ぶりを大いに認めていた」と話す。当初、総務相には別の人物の起用もささやかれていたが、二階派への配慮もあり滑り込んだ。

 組閣翌日の17日、武田は「一刻も早く携帯値下げの結果を出したい」と多くのマスコミの前で胸を張った。武田と親しい全国町村会副会長の永原譲二(福岡県大任町長)は「総務相は事実上昇格。それだけ期待されているということだ」と声を弾ませた。

   ◇    ◇

 武田の抜てきに冷ややかな目を向けるのは、閣内に並ぶ麻生だ。

 組閣前の15日夜、麻生は武田の総務相起用を聞き、怒りを口にしたという。財務相と総務相は地方交付税の配分などで連携が必要だが、閣僚懇談会で2人は「話すことも、目を合わせることもない」(官邸筋)。

 菅にとって麻生はアベノミクス継続に欠かせない存在だ。だが、関係は決して良好とは言えないことから「武田起用はけん制の意味もあるのでは」(同)との観測もあり、麻生側のいらだちに拍車を掛ける。

 さらに、武田の弟分の宮内秀樹(福岡4区)が副大臣、鳩山二郎(同6区)が政務官に就いたが、県内の麻生派議員の登用はなし。麻生周辺は「非常にやりにくい。麻生は『やってみりゃ、いいじゃねーか』くらいにしか思ってないよ。お手並み拝見だ」と敵対心を向ける。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ