FC2ブログ

記事一覧

杉田水脈議員の“名誉男性活躍”が止まらない(2020年10月1日配信『論座』)

「女性はいくらでも嘘をつく」を否定しない自民党

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

 自民党内の性暴力被害対策の予算などを議論する会合に出席した杉田水脈衆議院議員が、性暴力被害に関連して、「女性はいくらでも嘘をつく」と発言したことに対し、大きな批判が噴出しています。

 杉田氏本人や事務所は発言自体を否定しているものの、報道によると複数の関係者が杉田氏から発言があったと証言しているようです。言った言わない問題になっており、断定的なことは言えませんが、もし事実であるならばゆゆしき発言です。

女性政治家の信用さえも傷付けた杉田発言

 ところが、これに関して、自民党内から批判的な声はあまり上がっていないようです。同じ細田派(清和政策研究会)の橋本聖子男女共同参画大臣が唯一、「努力されている方を踏みにじるような発言であり、非常に残念だ」と公式に発言したほか、下村博文政調会長が杉田氏に注意し、石破茂氏が本人と党に説明を求めていますが、それ以外目立った動きはありません。

キャプチャ
杉田水脈議員を批判した橋本聖子男女共同参画大臣

 「本人が否定しており、事実関係が分からない段階では何も言えない」という議員もいるようですが、そうであれば橋本氏が批判したことと整合性がつきません。橋本氏の発言は「ガス抜き」という見方もありますが、党内の動きが鈍いのは事実でしょう。

 あらゆるところから批判があってしかるべきですが、とりわけ女性初の総理大臣を目指すと公言してきた野田聖子氏や稲田朋美氏が(2020年9月30日時点で)沈黙しているのは、非常に残念なことです。

 杉田議員の発言は、性暴力の被害者に留まらず、女性政治家の発言の信用を失わせる効果もあります。ここでもし杉田議員の発言を否定しなければ、「杉田議員の発言を何も批判していないというのは、同じ女性であるこの人の発言も嘘ではないのか」という見方をされても仕方がないからです。

杉田発言を批判せずして初の女性総理は難しい


 また、「女性がいくらでも嘘をつく」とは思っていなくとも、「男性よりも女性のほうが嘘をつく」という偏見をいまだに抱えている人は少なくありません。そのような社会の偏見も、ジェンダー平等な人事登用を阻む“ガラスの天井”の一つであり、それを打ち破らなければ女性初の総理大臣の誕生は難しいままでしょう。

 仮に運よく総理大臣になれたとしても、そのような“ガラスの天井”を率先して粉砕し、次の世代から後継者が続々と生まれるような土壌を作れない限り、形だけの女性総理に終わってしまう可能性は十分あります。

 初の女性総理には「男性中心社会の傀儡」ではなく、「新しい時代を切り開いた」と歴史に名を残すほどの活躍をして欲しいと望むからこそ、女性の足を引っ張るような発言には厳しく声を上げて欲しいものです。

たった2名しか“批判”しない男性議員の自浄能力の低さ

 杉田氏の発言は決して女性だけの問題ではありません。社会を構成する一員として、このような発言を社会で許容するか否かという意味においては、男性も当事者です。ですから、本来は性別に関係なく、あらゆる人から批判が起こらなければならないはずです。

 それにもかかわらず、報道されているのは下村氏と石破氏のみで、自民党の男性議員からは批判の声が聞こえてきません(2020年9月30日現在)。自民党の男性国会議員は女性の約10倍ですから、女性1人の批判について、男性10人から声が上がらなければ、男性議員の意識が低いことの証左です。しかし2名からしか“批判”の声が聞こえてこないのは、彼らの「自浄能力」が低いからだと言わざるを得ません。

自民党の国会議員は男性議員が女性の10倍という圧倒的男性社会

キャプチャ2
国会は自民党をはじめ圧倒的な男性社会だ

 ちなみに、議員の男女比率が話題になると、必ず「性別よりも能力が大事」「能力で選ばれていれば問題ない」という反論が出ます。ですが、彼らがこのような「男性議員の自浄能力不足が露呈する問題」に言及しているのを聞いたことがありません。結局、女性議員を増やそうという声に拒否感を覚えているだけだと思います。

「日本人はいくらでも嘘をつく」であればどうだった?

キャプチャ3
「女は噓をつく」発言でまたも“名誉男性”として批判される杉田水脈衆議院議員

杉田水脈氏の一連の問題発言は自民党男性議員からほとんど批判されてこなかった

 それにしても、なぜ自民党内で批判が噴出しないのでしょうか? 「杉田水脈議員は安倍前首相の心のうちを代弁している」と分析する人もいますが、たとえば、彼女の発言が、「女性」ではなく、「日本人はいくらでも嘘をつく」であればどうだったでしょう? おそらく、自民党内からも非難轟々だったはずです。

 「日本人」であれば問題になるのに、「女性」ならば問題にならないのは、人種差別よりも性差別に鈍感で、この問題を軽視している日本国民が多いというのが最大の理由であろうと思います(これはあくまで日本国内で両者を比較した場合であって、人種差別も諸外国民に比べると鈍感な印象があるのは言うまでもありません)。

 もう一つは、被害当事者が少ないことです。「日本人」という属性が侮辱されれば、国会議員全員が被害当事者に該当しますが、「女性」という属性が侮辱されても、議員の約1割しか該当しません。それゆえ、男性議員に当事者意識が芽生えず、少数派の女性議員も波風立たないように黙ってしまうのだと思います。ですから、女性議員が増えなければ、おそらく自民党内の自浄能力は向上しないでしょう。

 もちろん、本来はマイノリティーに関する問題でも、マジョリティーがしっかりと対応するのが理想です。ですが、古くて根深い女性差別の問題すらいまだに片付けられない議員たちが、その境地にたどり着くのはとうてい無理だと思います。

杉田氏がそこにいるのは完全なる「不適材不適所」だ

 なお、批判が噴出すれば問題ないかと言えば、そうとも言えません。そもそも、なぜ杉田氏が「自民党内の性暴力被害対策の予算などを議論する会合」に参加しているのでしょうか?

 杉田氏は、伊藤詩織さんを取り上げたBBCの番組「Japan's Secret Shame(日本の秘められた恥)」で、伊藤氏のことを「女として落ち度があった」と発言したことをはじめ、これまで性暴力に関してたくさんの無知や偏見を開陳してきました。

 今回の発言を否定したブログでも、いまだに誤った認識を露呈しています(※これについては、長らく性暴力関連の取材を続けているライター小川たまか氏が、Yahoo!の記事で詳しく指摘しています)。

「女性はいくらでもうそ」は言ってない? 杉田水脈議員の弁解ブログが輪をかけてひどい理由➡ここをクリック

 つまり、杉田水脈議員は、性暴力被害対策を話し合う上で、明らかに不向きな人間です。自民党は、そのような人物が国の意思決定という重要な場に身を置くことをなぜ許しているのでしょうか? 「任命責任」よりはるかにレベルの低い、完全なる「不適材不適所」だと思います。

「名誉男性活躍」をさせられた森雅子前法務大臣

 自民党の中にも性暴力の問題に取り組もうという意思のある政治家はいます。たとえば、森雅子前法務大臣もその一人です。菅政権ではポストを外れたため、任期中に実現することはできませんでしたが、性犯罪関連の法改正に強い意欲を持っていました。

キャプチャ5
子どもが被害者となった性犯罪者を恩赦の対象から外すことなどに賛同した署名を森雅子法相(左)に手渡す支援団体メンバー=2020年1月16日、東京・霞が関の法務省

 ところが、森前法相が任期の終盤で注力させられたのは、ご存知の方も多いでしょうが、東京高検検事長だった黒川弘務氏の定年延長問題と検察庁法改正案でした。彼女は、「答弁が不安」だと自民党内から指摘されましたが、そもそも国民が必要としていなかった政策を説明する能力を求められるほうが間違っています。

 結局、森前大臣は女性活躍というよりも、「名誉男性活躍」をさせられて終わったという印象です。現在、同じく意欲のある上川陽子氏が任務を引き継いでいますが、何とか法改正実現にこぎつけて欲しいものですが、“上”に阻まれないか心配です。

本丸の男性中心社会を批判しなければ問題は絶えない

 以前の記事、「杉田水脈という“名誉男性”が抱える「心の闇」」でも指摘しましたが、今回の杉田氏の発言も、「名誉男性活躍」の結果に過ぎないのでしょう(※名誉男性=男尊女卑社会に迎合する女性を揶揄するスラング)。

 女性が「人としての活躍」ではなく、「名誉男性としての活躍」を求められるという男尊女卑社会や男性中心社会を批判・是正しなければ、今後も杉田氏のような発言が止まることはないと思います。

 もちろん、杉田氏に謝罪・撤回・議員辞職を求めることは大いに賛成ですが、今回の件が「モグラたたき」にならないためにも、沈黙している「自民党の男性議員」にも同じくらい批判の矛先を向けなければならないと思うのです。



キャプチャ6

キャプチャ7

動画アドレス➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ