FC2ブログ

記事一覧

「はんこレス」福岡県日田市でもスタート 市民課など先行、サービス向上へ(2020年10月3日配信『西日本新聞』)

キャプチャ
押印箇所を無くした新しい申請書(右)と以前の申請書。新しい方には、「押印」の印がない

 大分県日田市は2日、申請書類への押印を省略する「はんこレス」を始めた。手続きを簡略化し、市民サービスの向上を図る。県内の自治体では初めての取り組みという。

 はんこレスは、本庁舎1階にある市民課やこども未来課など6課の窓口業務で先行実施。児童手当関係や障害者手帳交付などの89種類の申請書などで押印を不要にした。対象6課の押印が必要だった書類の約3割に当たる。押印箇所も無くしていくという。出生届など国や県が押印を義務づけているものは対象外。

 市は行政改革の一環として、今年初めから検討を開始。先行する他県の自治体の事例などを調べてきた。当初は下半期が始まる1日の開始を予定し、市のホームページでも広報していた。しかし1日朝、一部で最終確認が必要になり、1日ずらして始めた。

 今後は、ほぼすべての部署を対象に可能な書類に関してはんこレス化を進めていく方針。将来的にはデジタル化やオンライン化も見据えている。市総務課は「押印が必要なものと必要ないものの混在がかえって負担にならないよう取り組みを進めていきたい」と話している。

 


スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ