FC2ブログ

記事一覧

障害者芸術の魅力発信 岩見沢でフェス開幕 作品展示や舞台上演(2020年10月3日配信『北海道新聞』)

キャプチャ
色鮮やかなマーカーで描かれた肖像画などが並ぶ岩見沢アール・ブリュットギャラリー

キャプチャ2
中心部に設けた放送局。出演者とのトークの様子もオンライン配信した

 北海道道内外の障害者による芸術作品や舞台上演を発信する「障害者の文化芸術フェスティバル in北海道ブロック」が3日、市内で開幕した。障害者らの作品を集めた「アール・ブリュット」の展示をはじめ、オンラインで和太鼓の演奏や音楽グループのパフォーマンスなどを配信。ライブ中継も盛り込み、障害者芸術の魅力を紹介した。舞台上演は4日も午前10時半から配信する。

 展示は「岩見沢アール・ブリュットギャラリー」(4西3)、市絵画ホール・松島正幸記念館(7西1)の2カ所で行われ、このうち同ギャラリーでは、道内在住者ら4人の作品計29点を紹介。異なる色のクレヨンを塗り重ねた紙を先のとがった金具でひっかいて色を浮き出させたもの、大胆なタッチで描かれたカラフルな油彩などが並ぶ。会場には、作品の解説動画につながるQRコードも掲示し、視覚に障害がある人も作品を楽しめる。作品を入れ替えながら12月20日まで展示を行う。



content_20200924_161319.jpg



障害者の文化芸術フェスティバルin北海道ブロック特設サイト➡ここをクリック





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ