FC2ブログ

記事一覧

「自民党内の男社会の空気感がわかるというか…」(2020年10月4日配信『しんぶん赤旗』ー「潮流」)

キャプチャ2

 ひとりになるのが怖い、眠るのが怖い、外に出るのが怖い、人混みが怖い、男性が近くにいると怖い。いつまでも残る恐怖や不安。仕事や生活も奪われ、夢や希望さえ見失った―

▼望まない性行為をうけた被害者の多くは誰にもいえず、深い苦悩を抱えこみます。打ち明けても周りの反応でさらに傷つくことも。相談された側は、まずは被害者の気持ちによりそい、言うことを信じる。それが大事だと(『サバイバーズ・ハンドブック』)

▼「女性はいくらでもウソをつけますから」。こう言い放った自民党の杉田水脈(みお)衆院議員への怒りがひろがっています。勇気をもって性暴力を訴えようという被害者の思いをふみにじり、女性全体の尊厳をおとしめるものです

▼はじめは発言を否定しながら、一転して日記のようなブログで認める不誠実さ。発言の重大さを省みないどころか、「一部訂正」で済ませようとするこそくさ。ウソをつくのは自分だったと身をもって

▼これまでも性差別や人をさげすむ発言をくり返してきました。そんな人物を国会に送り、いつまでもかばい、なれ合ってきた自民党の罪は重い。こうした言動を受け入れる体質が横たわっているからでしょう

▼「自民党内の男社会の空気感がわかるというか…」。テレビで女性キャスターが言及していました。発言の撤回と謝罪、辞職を求める署名には13万人が賛同し、各地で抗議の声があがっています。それは就任以来、国会から逃げ回っている菅首相の責任にも向けられています。



杉田議員辞職求め署名13万(2020年10月4日配信『しんぶん赤旗』)

フラワーデモ 自民に受け取り求める

キャプチャ
杉田水脈議員の発言に怒り抗議する人たち=3日、東京駅前

 性暴力根絶を訴える「フラワーデモ」は東京駅前で3日、女性や性暴力被害者を侮辱する発言をした杉田水脈衆院議員の辞職を求める署名の受け取りを自民党に求める緊急デモを開催しました。

 デモ呼びかけ人の一人で作家の北原みのりさんは、問題発言を認めた杉田氏のブログは性暴力被害への無理解を示すもので、謝罪とは呼べないものだと批判。「わずかの間に13万人分の抗議の声が集まっています。ヘイトと差別を繰り返す議員を比例上位に置き、当選させてきた自民党の責任は重い。自民党は私たちの声を受け止めてほしい」と訴えました。

 各地のフラワーデモ主催者らが色とりどりの花を手に、「あのような発言をされると当事者は立ち直れない。だめなものはだめと言い続けよう」(群馬)「うそをつくのは加害者です。支援を議論する場での国会議員の言葉は許せません」(横浜)と発言しました。

 フラワーデモは、全国の性被害・女性支援団体からも抗議の声と賛同が続々届いており「このまま終わらせるわけにはいきません」とのステートメントを発表しました。

 日本共産党からは笠井亮衆院議員、池内さおり、梅村さえこ両前衆院議員が参加しました。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ