FC2ブログ

記事一覧

コロナで生活困窮「なんでも電話相談会」 10日に36都道府県で(2020年10月7日配信『毎日新聞』)

キャプチャ
「コロナの生活への影響は深刻さを増している」と生活困窮者に相談を呼びかける作家の雨宮処凜さん(左から2人目)や相談会の実行委員会メンバー=東京都千代田区の厚生労働省で2020年10月6日午後3時半、東海林智撮影


 新型コロナウイルスの感染拡大で生活に困窮する人たちの相談に応じる「コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る なんでも電話相談会」が10日、全国の36都道府県で実施される。生活困窮者の支援に取り組むNPOメンバーや労働組合、弁護士、司法書士などが実行委員会を作り相談に応じる。取り組みは、4月以降で4回目になる。

 新型コロナを巡っては、経済悪化による解雇・雇い止めが6万人を超える(9月末)など、雇用や暮らしへの影響は深刻化している。実行委によると、相談件数自体は、4月の5000件超から8月の250件と減少しているが、相談内容は深刻さを増しているという。作家の雨宮処凜さんは「派遣で仕事がなくなり16日間水だけで過ごしたとの相談もあった。貯蓄があった人もコロナの長期化で底を突き、仕事もなく厳しさは増している」と話した。

 中小企業が多い地区では、雇用問題が起きることが懸念されている。実行委員の一人、奥田真帆弁護士は「気軽に電話してきてほしい」と話している。

 相談では、住まいや生活保護受給、医療、労働問題、学生の学費など幅広い相談に応じる。また、心の問題の相談も、専門的な対処をするところへつなぐ体制を取っている。実行委員会では、相談を元に政府への要望を作り提出している。

 相談は無料。10日午前10時~午後10時まで受け付ける。番号はフリーダイヤル(0120・157930)。



be5cc39c8e009a0f3f869598d581e67d.png

「コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る なんでも電話相談会~住まい・生活保護・労働・借金 etc…~」

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少し、消費者・事業者を問わず、家計における生活資金が逼迫、枯渇する現象が多数生じています。
このため、全国の弁護士、司法書士、労働組合、諸団体が連携して、下記のとおり開催いたします。お気軽にご相談ください。

【日  時】 4月18日(土)・4月19日(日) 両日ともに午前10時~午後10時
【電話番号】 0120-157-930(フリーダイヤル)
        全国どこから架けても無料でつながります。
【相 談 例】・コロナウイルスによる営業不振を理由に雇い止めされた
      ・生活費が尽きたので、今すぐ生活保護を受けられるか
      ・収入が減ったので、来月の家賃が払えそうもない
      ・何か経済的な保障に関する制度を教えてほしい
      ・その他、様々な支払いができなくなるので不安である
【主  催】コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る なんでも電話相談会実行委員会
      全国25都道府県、76回線(4月10日現在)
      埼玉は、反貧困ネットワーク埼玉(連絡先:弁護士猪股正 048-862-0355/埼玉総合法律事務所)など




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ