FC2ブログ

記事一覧

『発達障害 最初の一歩』 松永正訓著

 わが子が発達障害かも……と思ったとき、保護者はどうすればいいのか。「何科を受診するか」「どう障害と向き合っていけばいいか」など、まさに「最初の一歩」を手助けする目的で執筆されている。筆者は、2019年4月までヨミドクターでコラム 「いのちは輝く~障害・病気と生きる子どもたち」 を連載した小児外科医・松永正訓氏。著者のクリニックでも、言葉の遅れなどの相談が多いという。

 本書では、「言葉が出ない」「こだわる」「不器用」「眠らない」「食べない」といった、発達障害の子どもと保護者が直面しがちな課題を、事例を交えて紹介し、医師からの解説とアドバイスを示す。そこには、外来診療で「言い足りないこと」を盛り込んだという。

 重度の自閉症では、コミュニケーションがとれなかったり、自傷がひどかったりする子どももいる。著者は、本書を手に取る保護者たちに向け、「今はつらくても、信じて待ってみて」と語りかけている。

 (中央公論新社 1500円税別)



キャプチャ

「うちの子、発達障害かも」と思い詰めて、診療所を訪れる親御さんが増えています。でも発達障害の診断ってとても難しいんです。本書は、発達障害の疑いがあるお子さんとどう向き合えばいいのか――と悩む、お父さん、お母さんの「最初の一歩」を支えたくて書きました。焦らないでください。人間の成長ってゆっくりです。

▼お子さんはたくさん褒めてあげましょう。
▼コミュニケーションが取れるようトレーニングをしてみましょう。
▼学校の選び方は大事です。
▼きょうだいのケアもお忘れなく。
▼子どもを混乱させない3つのメソッド。
▼あやしい発達障害ビジネスに気を付けて。
▼いじめられたら言いつけよう。

著者について
松永正訓 Matsunaga Tadashi
1961年、東京都生まれ。87年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。日本小児外科学会・会長特別表彰など受賞歴多数。2006年より、「松永クリニック小児科・小児外科」院長。13年、『運命の子 トリソミー―短命という定めの男の子を授かった家族の物語』(小学館)で第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。19年、『発達障害に生まれて―自閉症児と母の17年』で第8回日本医学ジャーナリスト協会賞・大賞を受賞。著書に『小児がん外科医―君たちが教えてくれたこと』(中公文庫)、『呼吸器の子』(現代書館)、『子どもの病気 常識のウソ』(中公新書ラクレ)、『いのちは輝く―わが子の障害を受け入れるとき』(中央公論新社)、『小児科医が伝える オンリーワンの花を咲かせる子育て』(文藝春秋)などがある。

アマゾン➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ