FC2ブログ

記事一覧

IR汚職、秋元議員への贈賄認定 中国企業の元顧問2人に有罪(2020年10月12日配信『共同通信』)

キャプチャ
衆院議員秋元司被告

キャプチャ2
紺野昌彦被告(本人のインスタグラムから)

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、東京地裁は12日、衆院議員秋元司被告(48)=収賄などの罪で起訴=に計約760万円相当の賄賂を渡したとして贈賄罪に問われた中国企業「500ドットコム」元顧問の紺野昌彦被告(49)に懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)、仲里勝憲被告(48)に懲役1年10月、執行猶予3年(同1年10月)の判決を言い渡した。

 判決理由で丹羽敏彦裁判長は、秋元議員に対する接待旅行を「ぜいを尽くした露骨な接待」「至れり尽くせりの特別待遇」と認定。IR事業に対する「職務の公正と社会の信頼」を損ねたとし、「強い非難に値する」と指摘した。「元顧問2人が秋元議員からIR関連立法に関する情報提供を受け、職務の公正を大きく損なった」と認定した。議員会館での現金提供も認めた。

キャプチャ3
仲里勝憲被告(本人のフェイスブックから)



中国企業元顧問らに有罪 IR汚職贈賄側 東京地裁(2020年10月12日配信『時事通信』)

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、衆院議員秋元司被告(48)=収賄罪などで起訴=への贈賄罪に問われた中国企業「500ドットコム」元顧問、紺野昌彦(49)、仲里勝憲(48)両被告の判決が12日、東京地裁であり、丹羽敏彦裁判長は「IR事業に対する職務の公正と社会の信頼を大きく損なった」と述べ、紺野被告に懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)、仲里被告に懲役1年10月、執行猶予3年(同懲役1年10月)を言い渡した。
 
 丹羽裁判長は「IR事業参入を後押ししてもらおうと、海外旅行では贅(ぜい)を尽くした露骨な接待に終始し、国内旅行でも至れり尽くせりの特別待遇を行った」と非難。一方で、両被告とも起訴内容を認め、秋元被告側からの偽証依頼も断るなど反省しているとして、執行猶予が相当とした。

 判決によると、両被告は衆院が解散された2017年9月28日、秋元被告に300万円を手渡したほか、中国・マカオのカジノ施設視察費や北海道留寿都村への家族旅行費を負担するなどして計約760万円相当の賄賂を提供した。紺野被告は同月27日に香港から1500万円を不正に持ち込んだ外為法違反罪でも有罪となった。



IR汚職事件 中国企業元顧問2人 贈賄の罪 執行猶予付き有罪判決(2020年10月12日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

秋元司衆議院議員が起訴されたIR・統合型リゾート施設をめぐる汚職事件の裁判で、贈賄の罪に問われた中国企業の元顧問2人に対し、東京地方裁判所は執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。

中国企業「500ドットコム」元顧問の紺野昌彦被告(49)と仲里勝憲被告(48)は、IRへの参入をめぐり衆議院議員の秋元司被告(48)におよそ760万円相当の賄賂を提供したとして贈賄の罪に問われました。

12日の判決で東京地方裁判所の丹羽敏彦裁判長は「秋元議員に多額の金銭を提供し、贅を尽くした露骨な接待をして関係を深め、たびたび情報提供を受けていた。政府が推進するIR事業の信頼を大きく損なった」と指摘しました。

一方で、2人が秋元議員や支援者からの証人買収の依頼を断ったことを踏まえ、「対価を伴う偽証の依頼を断り、反省している」として、紺野元顧問に懲役2年、執行猶予3年、仲里元顧問に懲役1年10か月、執行猶予3年を言い渡しました。



IR汚職の秋元司議員が保釈請求 証人買収事件で再逮捕され収監中(2020年10月12日配信『共同通信』)

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件などで、収賄と組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪で起訴された衆院議員秋元司被告(48)の弁護人は12日、東京地裁に保釈を請求した。

 東京地検特捜部は昨年12月25日、IR汚職事件で秋元議員を逮捕。秋元議員は収賄罪での起訴後の今年2月に保釈されたが、贈賄側に偽証を働き掛ける証人買収事件に関与した疑いで8月20日に再逮捕された。特捜部は9月に組織犯罪処罰法違反罪で秋元議員を追起訴し、捜査を終結させた。

 東京地裁は同30日、汚職事件で認めた保釈を取り消し、保証金3千万円を没収する決定をしている。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ