FC2ブログ

記事一覧

佳子さまがダンス封印 「踊りで弾けるような笑顔」と秘めた情熱(2020年10月14日配信『AERA.com』)

キャプチャ
国際ガールズメッセのプレイベントをオンラインで視聴する佳子さま=2020年10月10日(宮内庁提供)

 10月上旬の日曜日、秋篠宮家の次女、佳子さまが通っていたダンススクールの発表会が東京の市民ホールで開催された。

 パンフレットに名前の記載こそないものの、毎年のように「お忍び出演」し、ジャズやブレイクダンスを、いきいきと披露していた。だが、コロナ禍が広がってからは練習も封印。この日も会場に姿をみせることはなかった。

 佳子さまのダンスは、このまま、封印されるのか。佳子さまを知る人物によれば、ご本人のダンスへの情熱は冷めていない。

 国際基督教大学(ICU)時代、佳子さまは、他の生徒に影響が出る、と学内のダンスサークルへの入会を断られている。 紆余(うよ)曲折を経て、現在のスクールにめぐり合ったわけだが、まともにレッスンを受けられるとは限らない。同スクールのレッスン場は、佳子さまの住まいがある赤坂御所からはだいぶ遠い。ある日、レッスン場の前まで着いたものの、マスコミが張り込んでいることに気がついた。

 佳子さまは、「スクールに迷惑がかかる」と、そのまま引き返したこともあった。それでも、みんながいち生徒として接してくれるスクールの空気は、佳子さまがほっとできる場であり、精神的な支えであり続けているのだという。

 ダンス発表会に毎回、足を運ぶ観客のひとりがこう話す。

「佳子さまが、踊りに弾けるような笑顔や余裕をみせるようになったのは、最近ですよ。むかしは、鬱屈(うっくつ)する悩みや思いを踊りに叩きつけるような、激しさを感じましたね」

 別の観客は、ご本人への見方が変わったと話す。

「正直、もっと浮ついたというか軽い気持ちで、『皇族がダンスをしている』のかと思っていました。しかし、長時間踊り続けられるほど身体をきたえ、何より誠実にダンスに向き合っているのが伝わります。打ち込んでいるのが、社交ダンスや日本舞踊であれば何も言われないのに、ヒップホップだと批判の材料になるのは気の毒ですね」

 ちなみに、昨年の発表会で「ヘソ出しダンス」、とやゆされたが、衣装の下に肌色のアンダースーツを着用しているので、ヘソやおなかは露出していない。

眞子さまのダンスへのバッシング

佳子さまは、昨年3月にICUを卒業してからは、眞子さまや他の女性皇族のように団体などに勤務はしていない。コロナ禍のいまは、祭祀や宮内庁職員などへの宮邸でのご会釈のほかは、オンライで省庁や団体からの説明を受けて公務にのぞんでいる。

 9月からは、オンラインでの単独公務も再開。9月27日は、ウェブ上で「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式が行われた。佳子さまの手話を用いて激励したメッセージ動画は、ユーチューブを通じて公開された。

 また、10月10日には、日本でもガールスカウト運動100年を記念する「国際ガールメッセ」の式典をオンラインで視聴。収録したビデオメッセージを流す形で、佳子さまも参加した。

 宮内庁から提供された公務の映像をみると上品にうなずきほほ笑む、「皇族らしい」佳子さまが映っている。
 
 常識的に考えれば、コロナ禍で身体や精神面、また経済面でも苦しむ人びとが数多くいるなかで、皇室メンバーがダンスレッスンに通うことは難しいだろう。しかし、佳子さまのこれからの長い人生のなかでダンスが心の支えになるのならば、あきらめずに続けて欲しい。(本誌 永井貴子)

※週刊朝日オンライン限定記事



「佳子さま」YouTubeご出演で炎上の理由 秋篠宮家への批判も➡ここをクリック



白地にカラフルな模様のブルゾンから、引き締まった腹筋がのぞく衣装で踊る佳子さま(2019年10月29日配信『週刊女性プライム』)

佳子さまがダンススクールの発表会に参加「まるで別人でした」

10月初旬、東京・町田市でダンススクールの発表会があった
ダンススクールのOGである佳子さまも、出演者として参加
観客の1人は、公務中の印象とは違い別人のようだったと話した
佳子さま、姉・眞子さまの結婚問題よそにダンス公演で“美しすぎる腹筋”を解放!


キャプチャ
白地にカラフルな模様のブルゾンから、引き締まった腹筋がのぞく衣装で踊る佳子さま

 10月初旬の日曜日。東京・町田市の市民ホールでは、ときに激しく大胆に、ときに愛らしく優雅に踊る秋篠宮家の次女の姿があった。

キャプチャ2 キャプチャ3
表情はイキイキ、ポーズもキメキメの佳子さま

 スポットライトを一身に浴び、はじける笑顔と飛び散る汗で輝く彼女は、今という時代を生きる“新たな皇族”を体現しているかのようにハツラツとしていた。

 それはまるで、最愛の姉へ「もっと自由に!」とのメッセージと、自身とご家族が抱える“悩み”を一心不乱に発散するようにも見えて……。

まるで別人でした

「生バンドの演奏に合わせて、複数のダンサーが踊る“センターポジション”で、プロのダンサーにも負けないくらいキレのあるダンスを披露していたのが佳子さまでした。おヘソが出るぐらい丈の短い白ラメのトップスに、黒のイージーパンツ。

 サイドを編み込んだ髪型で、アイドルのような笑顔を見せながら、踊りに合わせて変えるいくつもの表情は、普段ニュースで見ている“おしとやかな印象”とは、まるで別人でした」(観客の1人)

 10月初旬の日曜日、東京・町田市の市民ホールで行われたヒップホップダンススクールの発表会。そこには、ダンサーの1人としてステージに立つ、秋篠宮家の次女・佳子さまの姿があった。

「大学時代に通っていたダンススクールですが、今も通い続けているとは聞いていませんでした。今年はOGとして見学するかもと言われていましたが結局、出演者として3年連続、ステージに立ちました」(皇室担当記者)

いったい何をされているのですか

 大学卒業後の佳子さまは、大学院進学や海外留学など、その先の進路はもちろん、就職先も定めていない。 

 7月に秋篠宮家をお支えする皇嗣職大夫の定例会見が行われた際、女性記者から「佳子さまは普段、いったい何をされているのですか?」

「佳子さまの同級生など、大卒の女性が社会に出ていちばん忙しいときなのに、ご本人はどのように過ごされているのか?」との質問も出ていた。

「令和になってから、新皇后の雅子さまのご活躍は目を見張るものがあり、秋篠宮ご夫妻はもちろん、長女の眞子さまもご公務に奔走している印象があります。

 その中で、佳子さまのご公務は少ないのでは、と指摘されたわけですが、9月に入ってからはお忙しくされています」(同・皇室担当記者)

 9月15日からオーストリアとハンガリーへ11日間、初の海外訪問。9月29日の『全国高校生手話パフォーマンス甲子園』に出席するため1泊2日で鳥取へ。

 10月12日に予定されていた茨城での『全国障害者スポーツ大会』は、準備はしていたものの、直前になって台風19号の影響で取りやめになったが、14日には『第1回コミュニティアクションチャレンジ100アワード表彰式』という、ガールスカウト運動の記念事業に参加のスケジュールが組まれていた。

ダンスを楽しむ佳子さまのお姿

 冒頭のステージ発表会は3部構成で、午後4時から始まり、第1部で佳子さまはジャズダンスを披露。スローテンポな楽曲に合わせて、優雅に手足を動かし、ときにステージ上で高く跳んだ。

 第2部は一転してリズミカルなヒップホップのビートに乗り、激しく腰や腕を動かす佳子さま。

 ラッパーのような仕草も交えて、スポットライトの下でポーズをキメた。海外訪問などで忙しくされていた合間にも練習を続けていた成果が見て取れる。

 第3部はミュージカル調のステージで猫のかぶりものをした女性グループの中に佳子さまの姿も。

 しなやかに全身を動かし腹筋は割れていないが、ほどよく引き締まり普段から鍛えている様子がうかがえる。

 曲の終わりには“ニャンニャン”といった猫のポーズでセンターを陣取り、その愛くるしさに歓声が沸いた。

 続けて、バックバンドが歌うSMAPのヒット曲『夜空ノムコウ』に合わせてゆっくりと大きく動いてみせたかと思えば、ダンススクールの名前が入った色とりどりのTシャツを着たダンサーたちが飛び出す中で、佳子さまは濃いピンク色のTシャツをチョイスして登場。

 メーキングVTRを流すコーナーでは、後列の端に並び、MCの話にうなずいてみたり、笑顔を見せたり。計4時間以上、ダンサーの一員としてステージ上を駆け巡った─。

紀子さまは眉をひそめて…

 皇室ウォッチャーで漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんは、佳子さまの胸中を、こう察する。

「以前から“ライフワーク”として踊られてきた佳子さまは、ダンスが“生きる張り合い”なのかもしれません。

 佳子さまはご公務で海外に行かれたとき、記者から感想を聞かれて“非常にきれいでした”といったように、ひと言でお答えになることが多い印象があります。

 ですが、手話の発表ではキレのいい動きをされていましたし、ダンスもそうですが、言語よりも“動き”で伝えるのが得意なのかもしれません」

 だが、そんな佳子さまの自由奔放に見える振る舞いに、母親の紀子さまは眉をひそめているという。

「お代替わりもあって、皇族の女性として、より一層の自覚を持ってほしいと母親の紀子さまは強く思っているようです。ただ、秋篠宮家は自主性を重んじる教育方針を掲げてきたので、今のこうした状況にジレンマもあるようです」(宮内庁関係者)

 というのも、眞子さまが自ら選んだ恋人・小室圭さんとの“結婚問題”は、婚約延期のまま、どのような“着地”を見せるか不透明なまま。

 その主な原因は週刊女性が報じた小室さんの母・佳代さんの“借金トラブル”が解決しないことにあるのだが、秋篠宮家の内部で親子の意思疎通ができていないから、という指摘もされている。秋篠宮家は、日に日に風当たりが強くなっているのだ。

24歳、夢や希望

 前出の辛酸なめ子さんは、

「“小室さん問題”で生じた“悪い家の空気”を払拭したくて踊りたいというのもあるかもしれません。踊っているときは“無”になれるといいますし、佳子さま自身も、そういった家庭問題から現実逃避するという意味で踊られている側面もあると思います」

 と、ダンスに没頭する佳子さまの心中を推測する。  

 24歳の佳子さまが、夢や希望をいくら持ってもおかしくない。令和になり、女性がより自分らしく生きる時代となった。佳子さまらしいご公務もあるのではないかと、辛酸なめ子さんは指摘する。

「せっかくお若いので、時間を持て余してしまわないか心配です。ダンスがお好きなのであれば、それを活かして慰問先を元気づけるとか、そういった方向もあるのではないでしょうか」

 実際、佳子さまのこうした自由な生き方に勇気づけられる人が、彼女のもっとも身近にいるという声もある。

「佳子さまの、公務をされながら自身がやりたいことを充実させているお姿を見ると、それは大好きな姉の眞子さまに対して“自らが進みたい道を、もっと突き進んで!”といったエールを送っているようにも感じます」(前出・皇室担当記者)

 発表会の最後には“バイバイ”と手を振り、カーテンの向こう側に消えた佳子さま。その笑顔には、充足感が満ちあふれていた─。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ