FC2ブログ

記事一覧

虐待疑われ1年超親子別離 兵庫・明石市長が両親に謝罪 第三者委で問題点検証へ(2020年10月15日配信『毎日新聞』)


キャプチャ
記者会見で説明する泉房穂・兵庫県明石市長=明石市役所で2020年10月15日午後4時10分、浜本年弘撮影

 兵庫県明石市で2018年、虐待を疑われた両親が児童相談所に一時保護された男児と1年3カ月間、離れて暮らすことを強いられた事案があり、明石市の泉房穂市長は15日、記者会見し、9月に両親と会って謝罪したことを明らかにした。また、第三者委員会を設けて問題点を検証すると発表した。

 18年8月、明石市で当時生後2カ月の男児が右腕を骨折し、児相が「母による虐待の疑いがある」と判断して2カ月間、一時保護した。その後、児相は男児を乳児院に長期入所させるよう求め、神戸家裁明石支部に申し立てた。同支部は19年8月、「虐待とは言えない」と申し立てを退け、同11月に大阪高裁も児相の抗告を棄却。両親の元に男児が戻ったのは一時保護から1年3カ月後で、この間に面会できたのは月1、2回だった。保護した当時は県の児相が対応していたが、審判中の19年4月に明石市の児相が事案を引き継いでいた。

 泉市長は会見で「親子の大切な時間を奪ってしまった。高裁への抗告もすべきでなかった」と述べ、児相の判断が誤っていたとの認識を示した。第三者委は年度内に報告書をまとめ、市は一時保護の妥当性をチェックする新制度の創設などを検討する。

 厚生労働省によると、一時保護は暫定的な措置で原則2カ月とされているが、19年の同省の調査では全体の約16%が2カ月超となっていた。同省の有識者会議では一時保護のあり方を議論しており、年度内に改善点をまとめる方針。



児相保護で1年超別居「虐待なかった」 明石市長、両親に謝罪(2020年10月15日配信『神戸新聞』)

 兵庫県明石市は15日、児童相談所が2018年に虐待を疑い一時保護した当時生後2カ月の乳児が、両親と1年3カ月間引き離されて暮らす事案があったと発表した。同市の泉房穂市長は虐待はなかったと認めた上で「家族で過ごす時間を奪ってしまい、申し訳なかった」と謝罪。市は11月、当時の対応や改善策を検証する第三者委員会を設置する。

 市などによると、18年8月、明石市在住の夫婦=いずれも当時40代=の次男が右腕を骨折。病院から通報を受けた兵庫県中央こども家庭センター(児童相談所)が親による虐待を疑い、次男を一時保護した。両親は「虐待はしていない」と説明したが、聞き入れられなかったという。

 児相側は同年10月、医師の「骨折は虐待によるもの」という診断結果などを理由に、児童福祉法に基づいて次男の施設入所を求める審判を神戸家裁明石支部に申し立てた。19年8月、同支部は「虐待とは認められない」として申し立てを却下。同年11月には児相側の大阪高裁への即時抗告も棄却され、次男は1年3カ月ぶりに自宅へ戻ったという。

 一時保護や審判の申し立ては県が行ったが、19年4月に明石市が「明石こども家庭センター」(児童相談所)を開設して以降、市が事案を引き継いだ。抗告は市が行った。

 泉市長は「市としての対応は間違っていたし、十分ではなかった。虐待を裁判所が認めていないので(一時保護や審判申し立てをした)県も間違っていた。県としても対応を検証すべき」と指摘。県中央こども家庭センターの木下浩昭所長は「結果として長期間親子が離れて暮らしたことは申し訳なかった。ただ、当時はけがの原因が分からず、県の審議会にも諮った上での対応で、やむを得なかった」と話した。

 11月に設置する第三者委は、裁判官や児童相談所長の経験者、弁護士ら6人で構成。来年3月末までに当時の対応などを検証するほか、一時保護が妥当かどうかを第三者がチェックする仕組みづくりなどの改善策をまとめるという。(小西隆久、藤井伸哉)



虐待疑われた両親、乳児と1年3カ月別離 明石市長謝罪(2020年10月15日配信『産経新聞』)

キャプチャ
記者会見する泉房穂市長=15日、兵庫県明石市

 兵庫県明石市に住む両親が乳児への虐待を疑われ、児童相談所に一時保護された乳児と1年3カ月にわたり別離を強いられていたことが15日分かった。裁判所でも虐待は認定されず、市はそうした事実はなかったと判断。泉房穂市長は対応の誤りを認め、両親に謝罪した。

 泉市長は同日会見し、「親子の愛情の時間を奪ってしまった。今後、第三者の目を入れて児童相談所の運営を検討していく」と話し、問題を検証するため元裁判官らをメンバーとする第三者委員会を設置することを明らかにした。

 市によると、平成30年8月に両親の生後2カ月の次男が右腕を骨折。両親からの虐待の疑いがあるとして県中央こども家庭センター(児相)が次男を一時保護し、市が翌年4月に県から事案を引き継いだ。

 一方、児相は30年10月に親子の分離が必要として次男を乳児院に長期入所させるよう神戸家裁明石支部に申し立てていたが、同支部は昨年8月に棄却。児相は大阪高裁に即時抗告したが3カ月後に退けられた。

 これを受けて次男は両親の元に戻されたが、一時保護から1年3カ月が経過していた。この間は月2回程度の面会しか許されていなかった。

 泉市長は「裁判所が(棄却の)判断をしている以上、虐待は認められない」と述べ、「県から事案を引き継いだ時点で保護が妥当かどうか精査すべきだった」と市の対応に問題があったと認めた。また、一時保護中の面会回数についても「愛着が形成される大事なときにもかかわらず不十分だった」とした。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ