FC2ブログ

記事一覧

東京パラを目指す選手がオンラインで交流 コロナ影響悩み語る

キャプチャ

来年の東京パラリンピックを目指す選手たちが、オンラインで交流する催しが開かれ、50人を超えるパラアスリートが参加して、コロナ禍の中で競技を続けることへの思いなどを語りました。

キャプチャ2

16日、JPC=日本パラリンピック委員会が初めて開いた交流会には、陸上やボッチャなど20競技のトップ選手、合わせて50人余りがオンラインで参加しました。

この中で、陸上走り高跳びの鈴木徹選手は、パラ陸上の大会が先月開催された背景には、選手側の強い希望があったと明かしたうえで「ほかの競技の口火を切りたいという思いがあったので、無事に開催できたことに多くの選手が感謝している」と話しました。

一方、卓球のベテラン、72歳の別所キミヱ選手は、大会の中止が続き、試合勘が心配だとしたうえで「高齢なので、何よりコロナが怖い」と複雑な心境を明かしました。

このあと、非公開で行われた意見交換では、コロナの影響で応援する人の気持ちが薄れていくことへの不安や対人練習ができないといった悩みを打ち明ける選手がいたということです。

企画したJPCアスリート委員会の大日方邦子委員長は「前向きに頑張る話を聞いて、できることをやろうという気持ちになってもらえれば」と話していました。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ