FC2ブログ

記事一覧

【動画あり】「謝罪で幕引きはお断り」 自民区議が「足立区滅びる」を撤回、LGBT当事者らが心の叫びt(2020年10月20日配信『東京新聞』)

 LGBTなど性的少数者を巡る発言を、足立区議会本会議で20日、撤回して謝罪した白石正輝区議(79)。本会議に先立ち、区庁舎前にはLGBTの当事者ら約50人が集まり、マイクで抗議の声を上げ「差別のない足立区を❤」と書かれたプラカードなどを掲げた。(三輪喜人、奥野斐)

キャプチャ
「差別のない足立区を♥」などのプラカードを掲げ、抗議の声を上げる人たち=足立区議会前で

 抗議を呼び掛けた区内在住の大学非常勤講師、西山千恵子さん(62)は「これで幕引きはお断り。謝罪や辞任ではチャラにならない」と訴えた。集まった人たちは性の多様性を示すレインボーフラッグを手にした。
 テレビで発言を知り、駆けつけたという西東京市の会社員、星公一郎さんは自身もゲイで、本紙の取材に「白石議員は性的少数者が周りにいないと言ったけれど、どこにでもいる。同性婚を認めても滅びることは絶対にない」と語った。

キャプチャ2
本会議で謝罪した白石正輝区議=足立区議会で

 議会の傍聴席では抽選で当選した区民ら約30人が白石区議の発言に耳を傾けた。傍聴した区内在住のトランスジェンダーの会社員(48)は「言わされた言葉を読み上げているだけ。途中で詰まる場面もあり、練習すらしてこなかった」と不満顔。性的少数者の時枝穂みのりさんは「公の場できちんと謝罪したことはよかった。ただ、これをきっかけに区議会全体で問題意識を持ち、多様性に関する施策を推進してほしい。区議会や区の動きに注目したい」と語った。

◆「党としてもLGBTの勉強会を検討したい」

 本会議で近藤弥生区長は、性的少数者の意見を聞く機会を設けることや相談窓口態勢の整備を考えていることを明かし「性的少数者が差別されないというメッセージは、スピード感を持って発信していく必要がある」と述べた。

 区議会自民党の金田正幹事長は本会議後、本紙の取材に「議員は発言を謝罪、撤回し大きなけじめをつけた。党としてもLGBTの勉強会を検討したい」と話した。







「足立区滅びる」発言を謝罪 自民区議「傷つけたすべての皆様、足立区民にお詫び」(2020年10月20日配信『東京新聞』)

 LGBTなど性的少数者を巡り、同性愛が広がれば足立区は滅びる、との趣旨の発言をして批判を浴びている白石正輝・東京都足立区(79)=自民=が20日、区議会本会議で「議員として差別的な発言と受け止められる表現があり、不快な思いをさせた方々、傷つけたすべての皆様に対してこの場をお借りしてお詫びを申し上げます」と謝罪した。発言の一部を取り消す申し出も行い、議会に許可されたため、議事録から削除される。(奥野斐、三輪喜人)

キャプチャ2
LGBTを巡る発言を謝罪する白石正輝・東京都足立区議

  午後1時に開会した本会議の冒頭、登壇した白石氏は「誠に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 さらに「一般質問を振り返りますと、LGBTと少子化問題を結びつけた私の価値観を主張した部分が2点、また結婚においては、『普通の結婚』という自分の価値観を押しつけるような不適切な表現があった点、『足立区は滅びる』といった点につきましては差別的な発言と受け止められる表現であったとあらためて認識しております」とし、「これらの部分については発言の撤回をさせていただきたいと思います」と語った。

 その上で「このたびは私の認識の甘さにより、たくさんの方々の心を傷つけ、苦しめてしまったことに対して深くお詫び申し上げますとともに、今回の発言の重さを反省し、今後はLGBTでお悩みになられている方々への性の多様性を受けいれられるよう、努力して参りたいと思います」と発言。「最後になりますが、私の発言により不快な思いをされた方々、傷つけたすべての皆様、また、ご心配とご迷惑をおかけした足立区民の皆様方に対して心からお詫びを申し上げます」と謝罪した。

キャプチャ
LGBTを巡る発言の取り消しを求めた白石正輝・東京都足立区議

 白石氏は、9月25日の区議会一般質問での発言のうち、「L(レズビアン)とG(ゲイ)が足立区に完全に広がってしまったら、子どもが1人も生まれない」など主に3カ所について取り消しを求めた。「普通の」結婚という部分も3カ所含まれている。
 議会で許可されたため、議事録と区議会ホームページの動画から削除される。一方、共産などは白石氏に対する問責決議案を出したが、賛成少数で否決された。

 区議会自民党によると、白石氏は16日に区議会厚生委員長の辞任を申し出ているという。

 白石氏の発言を巡っては、今月6日に鹿浜昭議長と区議会自民党が白石氏に厳重注意。鹿浜議長が後日、本人に公の場での謝罪と発言撤回を求め、白石氏がその意向を示していた。



「足立区滅びる」発言を議事録から削除へ LGBTで問題発言の自民区議が申し出(2020年10月20日配信『東京新聞』)

 LGBTなど性的少数者を巡り、東京都足立区の白石正輝区議(79)=自民=が、同性愛が広がれば足立区が滅びる、との趣旨の発言をし批判を浴びている問題で、足立区議会は19日、白石氏から発言の一部を取り消す申し出書が提出されたことを公表した。20日の本会議で許可されれば、「足立区は滅んでしまう」などの白石区議の発言が議事録から削除される見通し。区議会ホームページの動画からも関係部分は削除されるという。

 白石区議は20日の本会議で一連の発言について、謝罪する方針。

 申し出書は15日付で、白石区議は「L(レズビアン)だってG(ゲイ)だって法律で守られているじゃないかなんていうような話になったんでは、足立区は滅んでしまう」など主に3カ所について取り消しを求めた。「普通の」結婚という部分も3カ所含まれている。

 白石区議は9月25日の区議会一般質問で、LGBTに関して問題発言をし、認識不足や差別的だとの批判が相次いだ。今月6日に鹿浜昭議長と区議会自民党が厳重注意。12日には、鹿浜議長が本人から謝罪と発言撤回の申し出があったと明らかにしていた。

 取り消しを申し出た発言内容は、足立区議会のホームページ内にあるPDFの11枚目、12枚目から確認できる。

キャプチャ
キャプチャ2
キャプチャ3

足立区議会のホームページ内にあるPDFの11枚目、12枚目➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ