FC2ブログ

記事一覧

国に110万円賠償命令 防衛省職員の「盗用」否定―東京地裁(2020年10月20日配信『時事通信』)

 防衛省防衛研究所の職員が、同省内部部局の依頼を受けて執筆した研究報告書に盗用があったと認定され、名誉を傷つけられたとして、国を相手取り3300万円の賠償などを求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。谷口安史裁判長は職員の不正はないと判断し、国に110万円の支払いと、同研究所のホームページに掲載された盗用発表文の削除を命じた。

キャプチャ01

 国を訴えたのは防衛研究所事務官の岩田英子さん(53)。判決によると、同研究所は2016年10月、岩田さんが執筆した15年度の研究報告書に他の研究者からの盗用が認められると公表。17年3月、岩田さんを訓戒処分とした。

 谷口裁判長は、報告書は内部部局に対して提供されただけで、研究成果として発表したものには当たらないと指摘。岩田さんは他の研究者からの引用を示す必要性も十分認識しておらず、盗用行為としての公表や訓戒処分は「国家賠償法上、違法だ」と結論付けた。

 判決後に東京都内で記者会見した岩田さんは「なぜこんな目に遭うのかと思っていたが、主張が認められ喜んでいる」と語った。
 
 防衛省の話 主張が一部認められなかったと受け止めている。判決の内容を慎重に検討し、適切に対応する。



防衛省事務官報告書“盗用に当たらず” 国に賠償命令 東京地裁(2020年10月20日配信『NHKニュース』)

キャプチャ3

キャプチャ4

キャプチャ5

キャプチャ6

キャプチャ7

キャプチャ8

キャプチャ9

キャプチャ10

キャプチャ11

キャプチャ12

 防衛省の防衛研究所の事務官が報告書に盗用があったとして処分を受けたうえ、氏名を公表されて名誉を傷つけられたと訴えた裁判で、東京地方裁判所は、盗用には当たらないと判断し、国に110万円の賠償を命じました。

 防衛省の防衛研究所で事務官として研究職についている岩田英子さんは、海外での女性軍人の人事管理について省内向けの報告書を作成しましたが、2年前の報告書から盗用があったとして平成28年に訓戒処分を受けて氏名を公表されたことに対し、名誉を傷つけられたと国を訴えました。

 20日の判決で、東京地方裁判所の谷口安史裁判長は、「内部資料を引用する場合には引用したことを表示しなくても、盗用には当たらないという認識があったと認められる」と指摘し、盗用には当たらないと判断しました。

 そのうえで、処分は違法で、氏名の公表によって名誉を傷つけたとして、国に対し110万円の賠償と、防衛研究所のホームページから処分の公表資料を削除するよう命じました。

 岩田さんは、会見で「主張が認められ喜んでいる。今後も研究所で研究を続けていきたい」と話していました。

 防衛省は「国の主張が一部、認められなかったものと受け止めている。判決の内容を慎重に検討し、関係機関と十分に調査したうえで、適切に対応したい」とコメントしています。



キャプチャ3

岩田/英子
防衛省・防衛研究所理論研究部社会経済研究室。1992年防衛庁(現防衛省)入庁、防衛局調査第2課、情報本部等、2009年防衛研究所。2013年早稲田大学にて学術博士号を取得。専門は国際政治、国際関係思想、社会哲学。研究テーマは、軍事組織と社会変化、非伝統的安全保障、社会諸問題の安全保障化、グローバル公共性と軍隊の非伝統的活動など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

アマゾン➡ここをクリック





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ