FC2ブログ

記事一覧

「配達時に消毒スプレーかけられた」…「カスハラ」被害深刻、厚労省が対策策定へ(2020年10月21日配信『読売新聞』)

キャプチャ

 客から悪質なクレームや不当な要求を受ける「カスタマー(顧客)ハラスメント」=カスハラ=が近年、深刻化しているとして、厚生労働省は企業向けのマニュアル策定に乗り出す。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うトラブルも目立っており、企業としてどう従業員を守るかという視点で対応策をまとめる予定だ。同省は来年度中の策定を目指す。(上野綾香)

コロナ禍で

 「トレイ(受け皿)に釣り銭をのせて出されても、取りづらくてしょうがないと言われた」

 「商品の配達時に消毒スプレーをかけられた」

 流通関連企業の労働組合などが加盟する産業別労組「UAゼンセン」によると、コロナ禍で接触回避の流れが進む中、小売・サービス業などで様々なカスハラ事例が報告されている。客からの暴言で社員が疲弊し、業務に支障が出るケースもあるという。

 コロナの感染拡大前から、カスハラは深刻化している。同労組が2017年に168の加盟組合(回答数約5万人)を対象に実態調査を行ったところ、約7割が迷惑行為に遭遇。迷惑行為を受けた経験者の9割超が、精神面での悪影響を受けていた。

 カスハラに対して必要だと思う措置(複数回答)としては、「企業の体制整備」と「企業のクレーム対策の教育」がいずれも約4割を占めた。企業に対し、何らかの対策をとってほしいと求める従業員が多くいることがわかる。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ