FC2ブログ

記事一覧

障害者アートを企業カレンダーに 堅いイメージの会社も柔らかく(2020年10月21日配信『毎日新聞』)

キャプチャ2
3・4月のカレンダー用に、桜祭りをテーマにライトアップされた夜桜やにぎわいを描く大峯直幸さん=福岡市南区の「工房まる」で2020年10月9日午前11時16分、青木絵美撮影

 障害者福祉施設の製品などを販売する福岡市の民間企業「ふくしごと」が、障害のある人たちが創作するアートを、企業の販売促進グッズのデザインに使ってもらうマッチングビジネスに取り組んでいる。企業側の希望に応じた描き下ろしにも対応し、2020年からデザインの相談や発注を受け付ける専用サイトも開設。障害のある人のやりがいにつなげ、収入増も目指す。

キャプチャ9
セメント運搬船(麻生セメントの2017年用カレンダーから)

 10月上旬、福岡市南区の障害福祉サービス事業所「工房まる」で、身体や精神に障害がある5人の利用者が、市内に本社を置く「麻生セメント」が年末のあいさつ回りで配るカレンダーの原画を描いていた。同社は4年前から、販促用カレンダーの制作を「ふくしごと」を通じて「まる」に依頼。セメントを作る工場や、そこで働く人たち、明石海峡大橋など同社が関わった建造物や風景などを描いてもらっている。

 21年用は新型コロナウイルスの影響で今年軒並み中止になった「祭り」がテーマ。「人が集まれる年に」の願いを込め、福岡県田川市の川渡(かわわた)り神幸祭(じんこうさい)や徳島県の阿波踊りなど、同社の工場や関連会社などがある地域の祭り六つを取り上げる。同社の担当者は「予想を超えてすてきな作品が届く。アートを通じてセメント製造業の堅いイメージを柔らかく伝えたい」と障害のある人が描いた絵をカレンダーに採用した狙いを語る。

キャプチャ5
明石海峡大橋(麻生セメントの2018年用カレンダーから)

 「ふくしごと」は15年にデザイン会社や「まる」の関係者らが設立。営業のプロではない障害者福祉施設に代わり、連携する施設の利用者たちが作った食品や雑貨などの販路開拓や、製品の企画に取り組む。一環として、利用者たちが日々描き、そのままでは倉庫に眠ってしまう約5000のアート作品をデータベースで管理。使用料を払えば気に入ったデザインを使えるようにし、障害者の収入増につなぐ仕組みもつくった。最近は大阪の不動産関連会社から販促用のブランケットやスリッパのデザインを受注した。

 中でも、麻生セメントから依頼されたカレンダーのように、データベースにない描き下ろしの注文は当事者たちにとってやりがいになっている。21年用のカレンダーで、3・4月の鹿児島県の桜祭りを担当する大峯直幸さん(43)は、脳性まひで手足に障害を抱えながら、黒の油性ペンと水彩絵の具を使った幻想的なタッチで夜桜と見物客のにぎわいを表現。企業のカレンダーに初めて採用された。

キャプチャ3
来年のカレンダーに向けて描いた1・2月用の大阪・天神祭(右)と5・6月用の福岡・川渡り神幸祭の原画を手にする石井悠輝雄さん=福岡市南区で2020年10月9日午前11時14分、青木絵美撮影

 5・6月の川渡り神幸祭に加え表紙も担当する石井悠輝雄(ゆきお)さん(40)は、祭りの動画も見ながら作品のイメージを膨らませたといい「最初は会社のカレンダーの表紙が俺でいいのかとびっくりした。見た人が祭りを思い出してほしい」。「ふくしごと」の大西衿沙(えりさ)さん(28)は「企業PRを通じてデザインが多くの人に届くことで、障害のある人たちが社会とのつながりを感じ、モチベーションを高めていくことにつながればうれしい」と話す。

キャプチャ6
麻生セメント田川工場(2017年用カレンダーから)

 「ふくしごと」は20年7月、デザインの相談を企業から受け付ける専用サイト「HIBIGEI(ひびげい)」を開設し、カレンダーなどの販促グッズや、自動車や自動販売機に施したラッピングデザインなど、連携する福祉施設の利用者が手がけた近年のデザイン例を紹介。今後は連携する施設を全国の20施設ほどに広げる予定という。【青木絵美】

キャプチャ10
建設現場の風景=麻生セメントの2019年用カレンダーから

キャプチャ8
九州国立博物館=麻生セメントの2018年用カレンダーから

キャプチャ7
ホタルが飛び交う麻生セメント田川工場周辺の夜景=2017年用カレンダーから

キャプチャ4
2020年の麻生セメントのカレンダー。テーマは支店を置く街の名所や風景で、大阪・中之島(右)や広島・厳島神社(左)などを描いてもらった=2020年10月9日、青木絵美撮影







スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ