FC2ブログ

記事一覧

『市役所に家庭用サウナ』持ち込んだ市長が記者会見「猛省します」光熱費は返金へ(2020年10月23日配信『MBSニュース』)

キャプチャ

キャプチャ2

キャプチャ3

キャプチャ4

キャプチャ5

キャプチャ6

キャプチャ7

キャプチャ8

キャプチャ9

キャプチャ10

キャプチャ11

キャプチャ12

キャプチャ13

キャプチャ14

キャプチャ15

キャプチャ16

 大阪府池田市の市長が“家庭用サウナ”などの私物を市役所内に持ち込んでいたことがわかりました。

 視聴者提供の写真に写っているのは、池田市役所の市長室付近の女子トイレ内に鎮座する『家庭用サウナ』。このサウナを使っていたのが、去年4月に就任した冨田裕樹市長(44)です。市などによると、冨田市長は今年9月から私物の家庭用サウナを持ち込み、複数回使用していたといいます。私物はほかにもあり、市長室近くの通路にはフィットネス用バイクが置かれています。さらに10月23日現場を取材すると…。

 (記者リポート)
 「市長室の手前にある更衣室には、ベッドや扇風機、それに冷蔵庫があります。さらに鍋やカセットコンロもあり、ほぼ自宅の部屋のような空間です。」

 なぜ家庭用サウナなどを持ち込んでいたのか。10月23日午前に冨田市長を直撃しました。

 (池田市 冨田裕樹市長)
 「私は大学のアメフト時代からスポーツ障害のため、症状緩和のために簡易サウナを利用していた時期があったのは事実でございます。」

 家庭用サウナは“10月中旬に家族に指摘されて撤去した”ということですが…

 (池田市 冨田裕樹市長)
 「(Q公務に支障は出ている?)体調管理はよりヘビーになってくる。インナーマッスル(深層筋)の筋力が落ちていくと、本当に体中の痛みはより厳しくなるというのは、正直ありますので。」

 さらにフィットネス用バイクについては…

 (池田市 冨田裕樹市長)
 「汗をかく時間がとれませんので、短期間で有酸素運動を行って体調管理するためでございます。」

 またベッドなどについては「危機管理上で必要だった」としています。庁舎の“私物化”ともいえる行為に市民からは否定的な声が上がっています。

 (池田市民)
 「市役所の中に私物を置くというのは市長としてはダメだね。」
 「公務の仕事が忙しくてやっているなら仕方ないかなと思います。サウナはいらないんじゃないかなと思いますけどね。」
 「自分のために電気を使っているわけですから、その電気代も払っていないことになるので、そういうのを考えると良くないかなと思います。」

 こうした中、冨田市長は10月23日午後に会見を開き、サウナなどで使用した光熱費について返金する考えを明らかにしました。

 (池田市 冨田裕樹市長)
 「これは公私混同だととらえられることだと認識しておりますので、金額を算出して返金させていただきたいと考えております。公人として認識が甘かったと思います。猛省させていただきます。」



市役所に勝手に住み着いた大阪「池田市長」 家庭用サウナも持ち込んだ証拠動画➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ