FC2ブログ

記事一覧

コロナ下の学生・生徒に関する論説(2020年10月30日)

高校生の就活 「氷河期」防ぐ支援必要(2020年10月30日配信『北海道新聞』-「社説」)

就職を希望する高校生の採用選考が進んでいる。

 コロナ禍による経済の失速で、高校生向けの求人数は大幅に落ち込んだ。多くの生徒が不安を抱えながら就活を続けている。

 就活が最終盤を迎えた大学生の就職内定率は9割近いが、前年同期を5ポイント下回った。高校生の状況の厳しさも容易に予想できる。

 企業や行政、学校などは協力して生徒を支援し、バブル崩壊後に長期化した「就職氷河期」の再来を回避しなければならない。

 今年の採用選考は、コロナ禍による長期休校で就職活動が滞ったことを踏まえ、政府が開始時期を例年よりも1カ月遅らせた。今月16日に解禁され、きょうで2週間になる。

 道内では高校生7千人超が就職を希望しており、愛知県、大阪府に次いで全国で3番目に多い。

 道内の高校生の求人数は約1万3千人と11年ぶりに前年同期を下回り、2割も減少した。求人倍率は3年ぶりに2倍を切った。

 中でもコロナ禍に直撃された宿泊や飲食サービスは厳しく、採用を断念した企業もある。一方、慢性的な人手不足が続く建設や医療・福祉などは採用意欲が強い。

 生徒側にはつらい環境だ。

 例年なら春に先生と相談しながら業種を絞り、夏以降、企業見学を重ねた上で採用選考に臨む。

 だが、今年は長期休校や日程の遅れによって、準備が不足した人が少なくない。コミュニケーション不足で意向を十分に伝えきれていないケースも考えられる。

 業績悪化に伴い、企業が求人を取り消す例もある。

 希望業種に進めず、適性と実際の仕事が食い違うミスマッチの増加が心配だ。せっかく就職しても早期離職が多発しかねない。

 企業側は内定取り消しを避けるとともに、入社後の支援を例年以上に尽くしてほしい。4月以外の入社も認めるなど採用時期を弾力化する対応もあり得よう。

 高校生の就活では「1人1社制」という慣行があり、一定期間は1社しか受けられない。道内は今月末までで、11月から複数社を受けられるようになる。

 この慣行は、生徒の負担軽減や内定辞退の回避が狙いだが、生徒の選択肢はなくなる。

 大阪府教委は来年度から改め、当初から複数社の受験ができるよう準備を進めている。生徒が主体的に企業を選べるため、離職率の低下が期待できる。

 道内でも検討に値するだろう。



コロナ下の困窮学生 寄付を増やして支えたい(2020年10月30日配信『毎日新聞』-「社説」)

新型コロナウイルスの感染拡大で生活が困窮し、進学をあきらめたり、退学を考えたりする学生が出ている。

 国の支援策が足りない中、民間の団体が頼りだが、コロナ禍で寄付集めに苦労し、学生の要望に十分に応えられていない。

 一般財団法人「あしなが育英会」は病気や災害、自死などで親を失った子どもたちに奨学金を支給している。

 今年は保護者の収入減などを理由に、新規の申請者が例年より多い700人以上に達した。現在の奨学金受給者は全体で7000人を超え、今年度の交付額は過去最高の約60億円に上る見通しだ。

 しかし、感染拡大を考慮し、学生ボランティアらによる春と秋の街頭での募金活動を中止したため、奨学金の原資となる寄付が不足している。

 あしながの奨学金によって、1969年以降、約11万人が高校や大学、短大などへ進学することができた。今回は積立金を取り崩して対応しているが、財政状況から支給対象を絞らざるを得ない。

 奨学金の希望者は今後も増えるとみられ、寄付の不足が続けば学生への影響は一層大きくなる。

 子どもの貧困対策に取り組む公益財団法人「あすのば」は今年、困窮家庭の高校生らに一律4万円を支給する緊急支援を始めたところ、応募が殺到した。

 クラウドファンディングで寄付を集め、4000人以上に支給した。だが、これまでのような街頭での募金活動はできなくなった。

 困窮学生をめぐっては、政府がアルバイト収入の大きく減った大学生など約43万人を対象に、1人につき最大20万円を給付する支援制度を設けた。

 しかし対象は全学生の約1割にとどまる。このため民間の団体に頼るケースが多いとみられる。

 高校生の学習支援を行う別のNPO法人は「学生への国の援助がもっと必要だ。このままでは進学をためらう子どもは増えるだろう」と指摘する。

 寄付はインターネットでもできる。コロナ禍で生活が苦しい人が増えているが、その中でも、将来を担う若者を社会が支えられるかが問われる。彼らの声に耳を傾け、少しでも応えたい。






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ