FC2ブログ

記事一覧

アートな西区 新大生も協力(2020年10月31日配信『新潟日』)

新潟 11月7、8日にイベント

キャプチャ
LEDライトを使った大型オブジェを制作する新潟大の学生=新潟市西区

 新潟市西区の自治協議会と新潟大が協力し、文化で地域を盛り上げるイベントが11月7、8日、同区で開かれる。学生や障害者が仕上げたアート作品の展示のほか、オンラインでのコンサートなどが行われる。学生たちは会場の黒埼市民会館で展示する作品づくりに励んでいる。

 地域イベント「西区アートフェスティバル」は西区自治協が毎年開催し、昨年度から新潟大も参加。区内の障害者福祉施設の利用者による絵画や、小学生の自由研究優秀作品も並ぶ。

 新潟大で作品づくりを進めているのは、芸術工学などを学ぶ工学部人間支援感性科学プログラムの3、4年生12人。3年の男子学生(21)ら3人はプログラミングを用い、風と連動して光るLEDライトが並ぶ大型オブジェを制作中だ。高さは約3メートルあり、屋外に展示する。「風によっていろいろな表情が出る作品にしたかった。変化を楽しんでもらいたい」と話す。

 他にも室内で拍手の音に合わせてライトの明るさが変化する灯籠など、工学技術を用いた六つの芸術作品を展示する。

 8日に開くコンサートなどの音楽イベントは、新型コロナウイルス感染防止のためオンラインで実施。午前10時半から、小学生以下の子どもと保護者を対象にした音楽クイズを準備。午後2時からのコンサートは西区ゆかりのピアノ、ソプラノの演奏者と、三味線の史佳の2組が出演する。

 音楽イベントは申し込みが必要で、それぞれ先着500組。視聴するにはWEB会議サービス「Zoom」のアプリが必要で、11月4日までに市のホームページから申し込む。

 作品展示は7日午後1時~5時、8日午前9時~午後4時。問い合わせは西区地域課、025(264)7172。

2020artfesotodoke_ページ_1
2020artfesotodoke_ページ_2




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ