FC2ブログ

記事一覧

鹿児島県内24施設参加 障害者の農作物や工芸品をネット販売 農福連携サイト開設(2020年11月1日配信『南日本新聞』) 

キャプチャ
「農福オンラインマルシェ」のサイト

 鹿児島県内の障害者が生産に携わった農作物や工芸品をネット上で販売する「農福オンラインマルシェ」のサイトが1日、スタートした。県の主催事業で、障害者の就業機会確保や農業の担い手不足の解消、収入増を目指す。

 例年は3月と10月に、鹿児島市のJR鹿児島中央駅前アミュ広場でマルシェを開いていたが、今年は新型コロナウイルス流行を踏まえ、初のオンライン販売となった。

 県内の就労支援センターや障害者施設など24施設が参加し、白菜やサツマイモなど旬の野菜類や財布などを販売。利用者は会員登録なしで購入できる。

 運営事務局であるかごしま障がい者共同受注センターの羽生真美さん(43)は「今回はオンラインなので、離島の施設も参加する。県内各地の商品を全国の人に楽しんでもらえれば」と話す。



農福オンラインマルシェ鹿児島~きばれ!かごんま応援隊~について

本県では,農業分野での障害者の就労を支援し,障害者の収入の向上及び農業の支え手の拡大を図るとともに,障害者が地域を支え地域で活躍する社会の実現を目指して,障害者就労施設等に対する農業技術支援や農福連携マルシェの開催などを行う農福連携の取組を実施しています。
農福連携マルシェは,障害者就労施設等で生産された農産物や加工品の販売を通じて,農福連携の取組を広く県民に周知するとともに,生産に携った障害者の自信や達成感の醸成を図ることを目的に実施しています。

今年度は,新型コロナウイルス感染症拡大の影響を考慮し,「農福オンラインマルシェ鹿児島~きばれ!かごんま応援隊~」として,オンライン(通信販売)により実施します。

開催期間
令和2年11月1日(日曜日)~令和3年3月31日(水曜日)

(オープン:令和2年11月1日(日曜日)10時00分)

https://gogotamu2

主催
鹿児島県(運営:一般社団法人ごしま障がい者共同受注センター)



84352_20201027194335-1_ページ_1
84352_20201027194335-1_ページ_2


チラシ(pdf)➡ここをクリック


   




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ