FC2ブログ

記事一覧

住民投票 大阪市廃止 再び否決(2020年11月3日配信『しんぶん赤旗』)

 大阪市を残し、その力を生かすことを市民は選びました。大阪市廃止の是非を問う住民投票が1日投開票され、反対69万2996票、賛成67万5829票で反対多数となり、大阪市は存続することになりました。市廃止の否決は前回2015年5月に続き2度目。投票率は前回を4・48ポイント下回る62・35%でした。

 この結果を受け、大阪市を廃止・分割する「大阪都」構想を推進してきた大阪維新の会代表の松井一郎大阪市長は任期満了で政界を引退すると表明。代表代行の吉村洋文大阪府知事は「僕が『都』構想に挑戦することはない」と述べました。

 維新は前回反対した公明党に対し、大阪府、兵庫県で同党が衆院議席を持つ6選挙区に対抗馬を立てると揺さぶり。公明党は「住民サービスの維持」などを条件に賛成に転じましたが、支持層は賛否が割れました。

 住民サービスが維持できるかどうかが大きな争点となりました。日本共産党も加わる「大阪市をよくする会」と「明るい民主大阪府政をつくる会」は、自主財源が3分の1になる一方、特別区設置に15年間で1300億円のコストが掛かることなどからサービス低下は避けられず、「大阪市の力を生かしてこそ、住民サービスはアップする」と訴えました。

 NHKの出口調査でも反対理由は「大阪市が存続してほしい」が49%で最も多く、次いで「住民サービスが低下する」21%でした。



キャプチャ



歴史的な勝利 分断乗り越え、よりよい大阪市へ力を尽くす(2020年11月3日配信『しんぶん赤旗』)

小池書記局長が表明

 日本共産党の小池晃書記局長は2日、国会内で記者会見し、大阪市を廃止することの是非が問われた1日の住民投票で「反対」が多数となったことについて、「大阪市民が住民投票で大阪市廃止にきっぱり反対という結論を再び突き付け、歴史的な勝利をおさめることができた」と表明しました。

 小池氏は「大阪の自治と市民のくらしを守るために党派を超えて力をあわせたみなさんと、それに応えて大阪市を守るという2度目の決定的な結論を下した市民の良識ある審判に心から敬意を表したい」と述べました。

 また、開票後の記者会見で日本共産党の山中智子大阪市議団長が「これでノーサイド(敵味方なし)にして、政令市を残してよかったと思っていただけるよう市民と一緒に市政を進めていきたい」と述べたことにふれて、「これが党派を超えた、今の大阪市民の率直な思いを代弁したものではないか」と語りました。

 その上で小池氏は「維新の会が市民のなかに持ち込んだ分断を乗り越えて、今回の住民投票で反対した人も賛成した人もともに力を合わせて、政令市の力を生かした、新しいより良い大阪市をつくるために日本共産党としても引き続き力を尽くしたい」と表明。とりわけ、焦眉の課題である新型コロナウイルス感染拡大から大阪市民の命とくらし、営業を守るために全力を挙げると決意を述べました。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ