FC2ブログ

記事一覧

“医療的ケア児”の支援法案 骨子まとまる 超党派の議員連盟(2020年11月4日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

 たんの吸引や人工呼吸器など医療的なケアが必要な子どもを支援しようと、は必要な対応を盛り込んだ法案の骨子をまとめました。

 難病や障害で、日常的にたんの吸引や人工呼吸器などが必要な「医療的ケア児」は、登校する際に保護者の付き添いを求められたり保育所で預かってもらえなったりすることが多いということです。

 そうした子どもとその家族を支援しようと、自民党の野田聖子幹事長代行や立憲民主党の荒井・元国家戦略担当大臣ら超党派の議員連盟が法案の骨子をまとめました。

キャプチャ2

 法案では、子どもや家族が住んでいる場所にかかわらず適切な支援を受けられることを基本理念に位置づけ、国や自治体に必要な対応を求めています。

 また、学校や保育所で保護者の付き添いがなくても、たんの吸引といったケアができるように、看護師や介護福祉士の配置などを求めています。

 議員連盟では、法案に賛同するよう、各党に働きかけることにしています。



医療的ケア児の支援法案を提出へ 野田氏ら超党派、今国会(2020年10月30日配信『共同通信』)

 自民党の野田聖子幹事長代行や超党派の国会議員のメンバーらは30日、たんの吸引など日常的なケアを受けながら生活する「医療的ケア児」への支援強化に向けた法案の骨子をまとめ、発表した。今国会に議員立法として提出、成立を目指す。

 骨子は、医療技術の進歩で医療的ケア児が増加していると指摘。健やかに成長できる社会の実現や家族の離職防止を目的に掲げた。適切な対応を取ることを国や自治体、学校などの責務とした。

 学校には、保護者の付き添いがなくても適切なケアが受けられるよう看護師などの配置を求める。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ