FC2ブログ

記事一覧

目の不自由な人 ルート案内 “AIスーツケース” 実証実験へ(2020年11月5日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

AI=人工知能を備え、目の不自由な人に振動や音声で、安全なルートを案内するスーツケースが開発され、実証実験が始まることになりました。

このスーツケースは、IT系企業など5社でつくる団体が共同で開発しました。

キャプチャ1

スーツケースに搭載されたカメラやセンサーで、周囲の人や障害物を把握し、AIが人などの動きを予測します。

そのうえで、利用者の位置や地図の情報を踏まえて、目的地までの安全なルートを振動のサインで案内します。

スマートフォンと連動させれば、近くにある店舗やエスカレーターの情報を音声で知らせる機能もあります。

さらに、新型コロナウイルス対策として、カメラを搭載した専用のリュックを背負って連動させれば、周辺にいる人との距離を音声で知らせる機能も備えています。

開発した団体によりますと、今月12日以降、国内の空港やショッピングセンターなどで実証実験を行い、数年後の実用化を目指すということです。

視覚障害者で開発責任者を務める「IBM」の浅川智恵子さんは「新しい生活様式の時代に入り、新型コロナウイルスの感染をおそれて、街なかで道を尋ねることが難しくなっている。数年後には多くの人に使ってもらいたい」と話しています。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ