FC2ブログ

記事一覧

室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」 大阪都構想の否決は報道の「ミスリード」と書いたのがミソ(2020年11月6日『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
高橋洋一嘉悦大学教授・内閣官房参与

 これは11月2日の高橋氏のTwitterの言葉。住民投票で民意は示されたと思うが、納得したくないんだなぁ。

 投票日の一週間前の10月26日、毎日新聞一面に「市4分割 コスト218億円増 大阪市財政局が試算」という記事が載った。前出の高橋氏の言葉は、デマだとはいわずにミスリードと書いているところがミソだわさ。デマとはいえんから。ちなみに高橋氏は10月29日のTwitterでこんな発言もしていた。

「大阪都構想で学会では反対が多いという。学術会議を見ていてもわかるが、左巻きが多いからね。今回の218億円問題であらわになったが、大阪市役所役人―共産党―毎日新聞のトライアングルが都構想反対派の正体。左繋がりで学者にも反対が多い。これらの人は学術会議の首相任命も反対、わかりやすい」

こういうのをおバカな陰謀論という。よくこんな人を菅首相は、内閣官房参与に引き上げたな。わかりやすい国の劣化だ。

 維新の馬場議員は国会の代表質問という場で、毎日新聞の名を出してあげつらうし、おなじく維新の足立議員なんて、10月28日のTwitterでこの毎日新聞の記事を持ち出し「仮に否決されても、否決は無効になる。」とまでいってのけた。

 この国の劣化に加担しているのって、いっつもおなじメンバー。で、思うようにいかないと、激しく噛み付いてくる。そういうのが面倒くさいからといって、放って置くのは良くない。毎日新聞もそう思ったのだろう。11月1日住民投票で否決が示された夜中に、「大阪都構想関連に公金100億円超 府市13年以降に 人件費や選挙など」というさらなるスクープを出した。あんなやつらに負けない、という意地を見せた。

 それにしても、大阪維新は100億円もの大金をかけ、大阪の市民を分断した。その罪は重い。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ