FC2ブログ

記事一覧

手話通訳士で10月から市長定例会見の同時通訳を担当する(2020年11月6日配信『タウンニュース』ー「鎌倉版」)

キャプチャ
春吉 陽子さん
山崎在住 41歳

「耳」となり寄り添い支える

 ○…毎月1回、市長が開いている定例記者会見。10月から導入された手話通訳を担当している。「記録に残る上に多くのメディア関係者がいるので毎回すごく緊張します。コロナ禍でこれまで以上に情報が大切になるなか、きちんと内容が伝わるよう準備して臨みたい」と笑顔を見せる。

 ○…手話との出合いは高校生の頃。社会福祉協議会の講座に参加し「外国語を学ぶような楽しさがあった」。その後は手話から離れていたが、東日本大震災が発生し「人生でやり残したことがあるのでは、と考えさせられました」。そんな時、当時住んでいた江戸川区で開催されていた手話講座に通うようになり「のめりこんだ」。生まれ育った鎌倉に戻った後、2018年に手話通訳士の資格を取得。同年から市障害福祉課に勤務し、来庁者への対応のほか、要約筆記や手話通訳者を必要とする人へのコーディネートなどを行う。

 ○…夫も聴覚障害者で、その必要性を誰よりも理解しているだけに「今の仕事を応援してくれている」という。ただ、他者の人生の重大な場面に数多く立ち会い、気苦労も絶えないだけに「内心はすごく心配してくれているみたい」とも。それでも「自分が関わった人たちが、主体的に社会参加するきっかけを一つでも作れたら」と噛みしめるように語る。

 ○…学生時代から舞台が好きで、コンテンポラリーダンスの公演などによく足を運んでいたという。最近はフィギュアスケートの紀平梨花選手や宇野昌磨選手を応援する。「身体表現に興味があったことが、今につながっているのかも」と笑う。手話は「福祉」の面が強調されがちだが、文法など独自に発達した部分があり「言語」としても奥が深い、という。「まだまだ勉強ですね」




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ