FC2ブログ

記事一覧

学術会議問題(2020年11月10日配信『しんぶん赤旗』)

「事前調整」は卑劣なウソ、露骨な政治介入 徹底解明を
小池書記局長が会見


キャプチャ
記者会見する小池晃書記局長=9日、国会内

 日本共産党の小池晃書記局長は9日の記者会見で、日本学術会議元会長の大西隆東大名誉教授が同日の野党合同ヒアリングなどで、学術会議会員候補選定前に政府側との「調整」や「すり合わせ」はなかったと言明したことへの受け止めを問われ、菅義偉首相の突然の言い訳は「学術会議側に責任をなすりつけ、任命拒否を合理化しようとする非常に卑劣なウソだということが明瞭になった」として、徹底解明が必要だと強調しました。

 菅首相は国会で、「(3年前は)学術会議の推薦名簿が出る前に政府と会議側で一定の調整が行われていた」が、「(今回は)推薦前の調整が働かず、結果として任命に至らなかったものが生じた」と答弁していました。

 小池氏は、これまで首相は任命段階での自身の関与は認めていたが、今回の突然の言い訳は、学術会議の選考・推薦段階から政府が介入すると公言したもので、「露骨な政治介入宣言だ」と批判。大西元会長が「赤旗」8日付インタビューで、「首相の言う『調整』が『推薦名簿の変更』を意味するのであれば、調整したという事実はありません」と言明していると指摘。大西氏が9日の野党合同ヒアリングでも、「選考委員会が候補者を全て選考する仕組みになっており、総理が選考に関与する余地は全くない」ことを克明に解説したことも紹介しました。

 また、選定段階での事前「調整」について、菅首相は衆参両院での代表質問でも、衆院予算委員会の基本的質疑でも一切明らかにせず、参院予算委での立憲民主党の基本的質疑が終わり、自民党議員の質問の段階で突然言いだしたことだと指摘。野党が求めている早期の衆参予算委での集中審議の実施や杉田和博官房副長官の出席を一刻も早く実現するよう、政府・与党は誠実に応えるべきだと主張しました。



名簿「修正」していない(2020年11月10日配信『しんぶん赤旗』)

野党ヒアリング 大西元学術会議会長が説明

キャプチャ
大西元会長(左端)を招いて開かれた学術会議の任命拒否問題に関する野党合同ヒアリング=9日、国会内

 菅義偉首相による日本学術会議の会員候補6人の任命拒否問題に関する野党合同ヒアリングが9日、国会内で開かれました。同会議の大西隆元会長が出席し、菅首相が国会で「推薦前の(事前)調整が働かず、任命に至らなかった者が生じた」と答弁したことについて、名簿の修正をしたことはないと改めて説明しました。

 菅首相は任命拒否について「以前は学術会議の推薦名簿が出る前に、政府と会議側で一定の調整が行われていた」などと答弁しています。大西氏は2017年の会員の半数改選の際に官邸側の求めに応じて選考途中で説明を行ったとしつつ、「調整ではなく説明」「調整というと(名簿)修正を含む概念になるかもしれないが、そうではない」と語りました。

 また、2018年に内閣府日本学術会議事務局が内閣法制局に確認して作成したとされる「推薦のとおりに任命する義務があるとまでは言えない」とする文書について、大西氏は「自発的に学術会議の事務局から出たとは思えない」と指摘しました。

 学術会議の規則では補欠の会員選考手続きについて、「会員が任期の途中において定年、死亡、辞職又は免職により退任する場合」となっており、任命拒否があった場合などのルールは存在していないと説明。「学術会議の方には備えがない」と述べ、「自発的に法制局長に学術会議から聞くということはありえない。誰かに作れと言われて、ポイントはここだと示されないとこの文書はできないと思う」と語りました。



学術会議介入 独裁国家許さない(2020年11月10日配信『しんぶん赤旗』)

憲法共同センターが宣伝

キャプチャ
憲法共同センターの街宣で改憲発議反対署名に応じる人=9日、東京都新宿区

 菅義偉首相による日本学術会議への政治介入が大問題となるなか、全労連や新日本婦人の会などでつくる憲法共同センターは9日、東京・JR新宿駅前で、「日本学術会議会員 任命拒否を撤回せよ」などと書いた横断幕を広げて街頭宣伝をしました。

 東京都世田谷区の男性(65)は、まともな説明をしない菅首相に憤り、「自分たちに都合の悪い人を排除したから説明ができなくなっている。こんな理屈は通らない。野党は徹底的に追及してほしい」と語りました。

 各団体の代表がスピーチ。自由法曹団の吉田健一団長は、菅政権は民主主義と憲法を真っ向から踏みにじっていると指摘。「すべての国民への攻撃であり独裁国家への道です。絶対に許してはいけない」と訴えました。

 日本共産党の宮本徹衆院議員は、学問への露骨な政治介入は許されず、野党は力をあわせて追及していくと表明。「学問の自由はもちろん、民主主義を守るためにご一緒に声をあげましょう」と語りました。

 宣伝は、憲法を守り生かそうと毎月9日に全国で取り組んでいる「9の日」行動です。



BS番組 藤野氏出演(2020年11月10日配信『しんぶん赤旗』)

学術会議の任命問題
戦前の反省から強い独立性ある


 日本共産党の藤野保史衆院議員は8日放送のBS朝日番組「激論!クロスファイア」に出演し、菅義偉首相による日本学術会議の新規会員の任命拒否問題などについて各党議員らと議論しました。

 藤野氏は、日本学術会議は「学問の自由」が侵された戦前の痛苦の歴史の反省に基づく組織だと述べ、「そのために強い独立性が求められているということを認識すべきだ」と主張しました。

 自民党の斎藤健衆院議員は任命拒否の理由について「一人ひとり表にできない何らかの理由があったのではないか」などと持論を展開しました。

 これに対し、藤野氏は、学術会議の前会長の発言を紹介し、「任命拒否の理由が分からなければ今後の会員の推薦もできなくなる」と指摘しました。

 立憲民主党の渡辺周幹事長代行は首相の任命権について、これまでの政府解釈は「形式的任命」であり実質的な任命権はなかったと指摘し、「なぜ解釈が変わったのか政府は論理的に説明ができていない」と批判。藤野氏は「これまでの解釈を変えるのであれば国会で説明するのが憲法の定める三権分立の姿だ」と主張しました。

 司会の田原総一朗氏は、この問題での菅首相の国会答弁について「苦しそうで同情さえしたくなる」と述べました。

 番組では菅首相が2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにすると宣言したことも議論に。藤野氏は新規建設中・計画中の石炭火力発電所が現在17基あると述べ、「この計画はまだ生きている。まずはこれがどうなるかが問われる」と強調しました。

 新型コロナウイルス対策について藤野氏は、「医療機関の赤字は続いているが、経営への支援はない。保健所の検査体制の拡充も進んでいない」と指摘。渡辺氏は補正予算が4分の1しか執行されておらず、「予算は確保しているのに支援が行き届いていない」と批判しました。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ