FC2ブログ

記事一覧

特捜検事が弁護権侵害 面会させず賠償命令(2020年11月13日配信『産経新聞』)

 東京地検特捜部の検事が任意聴取中を理由に、アパレル会社元社長幸田大祐被告(42)=業務上横領罪で公判中=と面会させなかったのは違法だとして、弁護人の桜井光政弁護士が国に200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は13日、弁護権の侵害を認め、10万円の支払いを命じた。

 判決によると、桜井弁護士は昨年11月、被告から弁護依頼の連絡を受けて東京地検を訪れ、面会を申し込んだ。検事は「任意の取り調べ中で、すぐに面会させることはできない」とし、約2時間取り次がなかった。

 判決で前沢達朗裁判長は「弁護人から接見の申し出があったときは原則として機会を与えなければならず、任意の取り調べの場合も同様だ」と指摘。弁護士の来訪を伝える義務があったのに、取り調べ終了時まで確認しなかったとして違法と判断した。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ