FC2ブログ

記事一覧

[安里要江さん死去]「語り部」の使命貫いた(2020年11月16日配信『沖縄タイムス』-「社説」)

 沖縄戦の語り部として約40年にわたり戦争の悲惨さを訴えてきた安里要江さんが亡くなった。99歳。昨年5月に活動に終止符を打つまで自身の過酷な体験と平和の尊さを語り続けてきた。

 安里さんは中城村(現・北中城村)喜舎場出身。沖縄戦当時24歳で、10・10空襲の直前に生まれた乳飲み子の娘と、幼い息子を抱える2児の母だった。

 戦況が悪化する中、子どもたちと病身の夫、高齢の親族らと共に戦場をさまよった。米軍の激しい艦砲射撃や機銃掃射などから逃げる中で母や義父母を相次いで亡くした。

 たどり着いた糸満市のガマで生後9カ月の娘を失った。栄養不足で頼みの母乳は出ず、冷たくなっていくわが子の体をさするしかなかったという。

 戦争を生き延びた夫や4歳の息子も、栄養失調や戦時中のけががもとで間もなく亡くなった。親族11人が沖縄戦の犠牲になった。

 安里さんが、依頼を受けて自身の体験を語れるようになったのは三十三回忌を終えた後だった。

 「たくさんの肉親親族を失いながら自分だけ生き延びてきたという、後ろめたさと無念さと自嘲の入り交じった複雑な気分」があったといい「精神的な後遺症は戦後も長く影を落として」いた。1995年に共著で出版された「沖縄戦 ある母の記録」(高文研)で振り返っている。

 「真実を後世に伝えることが生き残った自分の義務」と心の傷を押して語り部を続け大きな足跡を残した。

■    ■

 沖縄戦の記憶を継承する上で、戦争を直接体験した語り部たちが果たしてきた役割は大きい。

 多感な学生時代に戦場に駆り出された元学徒隊員らは、隊の活動の経過と共に学友を失った苦しみを伝え、戦争の悲惨さを訴えた。

 安里さんも、子どもからお年寄りまでの住民が巻き込まれた地上戦で何が起きたのか、自身の体験を修学旅行生や地元の子どもらに語ってきた。県内最高齢の語り部となった後も「もっと多くの人に戦争の恐ろしさを伝えたい」と意欲的だった。

 戦後75年。沖縄戦を体験した語り部の多くが故人となり、または高齢のため活動の一線を退いた。沖縄戦の継承は大きな転換期を迎えている。

 安里さんから受け取ったバトンを今後、次の世代へどうつないでいくか。私たちは重要な役割を担うことを自覚しなければならない。

■    ■

 戦後50年の節目に製作された映画「GAMA 月桃の花」は、安里さんが主人公のモデルとなった。作品は今も県外の高校などで上映され、平和学習の教材としても役立てられている。

 沖縄歴史教育研究会と県高教組が県内の高校生を対象に実施したアンケートで、沖縄戦を学ぶことについて「とても大切」「大切」とした生徒は計95・5%に上った。

 若い世代の関心に応えられるよう、沖縄戦について考えるきっかけをつくるのは大人の役割だ。



キャプチャ

解説
ひとりの女性の姿を通して戦争の悲惨さを描いたドラマ。祖母を訪ねて来日したアメリカ人ハーフの青年に、悲劇の真相が語られる。監督は「遥かなる甲子園」の大澤豊。脚本は、原案の嶋津与志と企画も兼ねた橘祐典の共同。撮影を「きこぱたとん」の岡崎宏三が担当している。ちなみにタイトルのガマとは沖縄で鐘乳洞を表す言葉で、戦時中は避難民の砦として使われていた。沖縄戦終結50周年記念作品。一部16ミリからのブローアップ。1996年6月1日より沖縄・桜坂シネコンにて先行上映。

1996年製作/110分/日本
配給:映画GAMA―月桃の花を成功させる会

ストーリー
1994年の沖縄、ジョージというハーフの青年が保育園の園長である宮里房を訪ねてアメリカからやってきた。彼は房の娘・和子と米軍パイロットとの間にできた子供で、房の反対を押し切ってアメリカ人と結婚した母を許してもらうために、ジョージはやってきたのだった。しかし、房は口を重く閉ざし、和子と兄妹のように育てられたという陶工・平良勝男も何も語ろうとしなかった。翌日、ジョージとともにガマを訪れた房は、ようやく当時のことを語り始める。1945年4月、米軍の沖縄上陸に伴い房の一家は避難を余儀なくされ、夫を防衛隊に取られていた房はふたりの子供・真吉と和子を抱え、ひとつのガマにたどり着いた。そこは、敗残兵と避難民、そして朝鮮の人たちが雑居する場所で、軍曹の鳥羽が全てを取り仕切っていた。ガマでの不安な生活を助けてくれたのが、戦争孤児の平良勝男だった。戦災で妹を亡くした彼は、真吉や和子を本当の兄弟のように可愛がった。米軍の進攻は進み、ある日、次々に落とされる爆弾でガマの岩天井が落盤し、下敷きになった真吉が死んでしまう。さらに食糧も底を尽いていた中、衰弱から和子が息を引き取った。投降を呼びかける米軍に避難民は応えようとしたが、鳥羽軍曹以下の兵隊たちがそれを許さなかった。その後、銃撃戦によってガマの人たちは全滅し、かろうじて生き残った房はガマの奥に赤ん坊の声を聞くと、和子の遺体の代わりにその赤ん坊を抱え上げたのだった。話を終えた房は、今まで真実を隠していたことをジョージとアメリカにいる“娘”の和子に深く詫び、ジョージはそんな房を強く抱きしめた( 映画.com)。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ