FC2ブログ

記事一覧

コロナ後遺症に警告 「7割の人」に心臓の異常 脱毛はストレスの影響大(2020年11月16日配信『AERA.com』)

キャプチャ

 冬の到来を目前にした欧米で、新型コロナウイルス感染者の増加が止まらない。世界保健機関は、長びく後遺症への対策を各国政府に呼びかけた。心臓・血管系の障害から脱毛まで、症状は多岐にわたる。AERA 2020年11月16日号から。

【図】感染から2カ月続く「後遺症」の内訳はこちら

*  *  *
 世界保健機関(WHO)は10月30日、新型コロナウイルスの感染拡大だけでなく、感染後に何カ月も続くさまざまな後遺症についても注意喚起するため、体験者の証言を紹介した。

 最初に登場したのは英国のコンピューターエンジニア、リス・ヒシュミーさんだ。

「26歳の私は感染するまでいたって健康でした。このようなさまざまな症状を体験するのは生まれて初めてで、恐ろしくなりました」

 感染して8カ月後の今も、まだ疲労感や胸痛、動悸(どうき)、消化不良が残り、頭がぼーっとしたり、短期記憶が失われたりすることもあるという。

「体じゅう、感染の影響を受けていない部位はありません」

■後遺症の患者にケアを

 英リバプール熱帯医学研究所で感染症の疫学を研究するポール・ガーナー教授は、

「感染当初はすぐに回復すると思っていました。まさかこのウイルスによって、自分の人生から7カ月間が消えて無くなるとは想像もしませんでした」

 と証言した。ガーナーさんも、感染する3月以前の体調は良好だった。しかし感染後の4カ月間は疲労感や頭痛、気分の変調に、その後の3カ月間は激しい疲労感に悩まされた。しかもその間、症状が改善したと思うとまた悪化するといった具合に、体調の上昇、下降を何度も繰り返した。感染から7カ月経った10月に入ってようやく、快方に向かい始めたという。

 WHOのテドロス・アダノム事務局長は、加盟国政府に対し、こう強調した。

「後遺症は、身体のあらゆる部位に起こり、しかもしばしば複数の部位に重複して起こる。後遺症の存在をきちんと認識し、患者が治療やケアを受けられるようにすることが各国政府の緊急の責務だ」

新型コロナウイルス感染症の後遺症は本誌9月7日号でも紹介したように、7月ごろからイタリアやフランス、中国などの病院から報告されるようになった。10月には、国内で治療の中心的な役割を担う国立国際医療研究センターの研究チームが、入院していた感染者約60人の退院後の体調について電話で調査した結果を発表した。

 海外からの報告でも多かった呼吸苦や疲労感、嗅覚障害を訴える人が多かった。

 新型コロナウイルスの後遺症の実態調査を行う厚生労働省の研究班の代表、横山彰仁・高知大学教授によると、呼吸苦など、肺の機能低下と関係する後遺症は、

「ウイルスを攻撃しようとして免疫細胞から分泌されるサイトカイン(生理活性物質)が過剰に出て、呼吸するのに重要な役割を担っている肺が損傷するのが原因で起こると考えられる」

 という。また、新型コロナウイルスに特徴的な後遺症として指摘されていた血の塊が血管内にできる「塞栓症(そくせんしょう)」や心筋症などについて、横山さんはこう指摘する。

「感染後2カ月以上経っても、心筋が損傷を受けた時に出るたんぱく質が通常よりも多く出ていた人や、MRI検査で心臓に異常が見つかった人が調査対象の7割にのぼる、という報告がイタリアやドイツから出ている。原因はまだ不明だが、心臓・血管系の障害は、当初、想定されていた以上に多くの人に起きている可能性がある」

■ストレスの影響大きい


 一方、パリ大学などの医師たちが9月に発表した調査では、後遺症の一つとして脱毛も報告された。感染から平均110日後、約280人のうち2割が脱毛があると答えたという。国立国際医療研究センターの報告でも脱毛を訴える人が同程度いた。

 なぜ新型コロナウイルスに感染して脱毛が生じるのだろうか。

 脱毛症に詳しい杏林大学の大山学教授(皮膚科)によると、新型コロナウイルスに限らず体力を大きく消耗したり、心身に大きなストレスがかかったりした人の脱毛は珍しくないという。インフルエンザやEBウイルスなどによる発熱を伴う急性感染症の後にも、脱毛が激しくなることがある。また、大きな手術や交通事故、出産の後にも脱毛が生じることがある。

「科学的なメカニズムはまだ解明されていませんが、新型コロナウイルスによる脱毛の多くは、他の感染症などでもみられる脱毛と同じ『休止期脱毛症』の一つである可能性が高いとみられます」(大山さん)

「休止期」は、毛髪が生え変わるサイクルの一段階だ。サイクルは毛髪が伸びる成長期(2~6年)から退行期(2~3週間)を経て、成長が完全に止まる休止期(3~4カ月)に分類できる。通常、休止期から成長期に移行する際に毛が脱ける。頭髪の9割程度が成長期、1割弱が休止期にあり、1日に100本程度の頭髪が抜け落ちている。

 ところが、ストレスなどによって毛髪の生え変わりのサイクルが乱れると、成長期が短くなって休止期に入る毛髪が多くなり、その結果、抜け毛が増える。大山さんは言う。

「新型コロナウイルスに感染した人の脱毛の多くは、ウイルスが毛髪に直接的に影響を及ぼしているというよりは、感染による肉体的な負荷や、感染によって生じる不安などの精神的なストレスによって起きている可能性が高いと思います」

 加えて、新型コロナウイルスの重症患者の治療に使われることがある、血栓を防ぐ抗凝固剤といった薬の影響による脱毛や、感染によって免疫が刺激されることで、円形脱毛症など自己免疫疾患による脱毛が生じたり悪化したりする可能性も考えられるという。(科学ジャーナリスト・大岩ゆり)

※AERA 2020年11月16日号より抜粋




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ