FC2ブログ

記事一覧

指先を目にして(2020年11月20日配信『琉球新報』-「金口木舌」)

キャプチャ

 家族、親類の笑顔に囲まれて安里要江(としえ)さんが幸せそうな表情を浮かべる。告別式会場に著書などとともに多くの写真が展示されていた。安里さんの過酷な沖縄戦体験は映画「GAMA 月桃の花」のモデルになった

▼99歳で亡くなる1年前まで体験を語り続けた。沖縄戦と戦後の収容所生活で夫や子どもたちを失った。糸満市の轟(とどろき)の壕(ごう)で日本兵が「子どもを泣かすな」と銃剣を突きつけた。生後9カ月の長女、和子ちゃんが餓死(がし)した

▼「ローソクの火が消えていくみたいに」亡くなった。壕は暗闇で顔は見えない。「指先を目の代わりにして和子をなで続けた。死んだ人をおぶって逃げることはできない。お祈りをして壕の中に置いてきた」。収容所で長男の宣秀ちゃんを亡くした。語るたび体を引き裂かれる思いだったに違いない

▼戦後も恐怖にうなされた。「米兵が怒鳴り込んで来る夢を見る」「今でも暗闇が嫌で夜も電気を消せない」。それでも体験を語り、子育てや婦人会活動、議員活動に奔走した

▼告別式で喪主の(長男)常治さんが弔辞を述べた。「あの世で和子ちゃんや宣秀ちゃんと再会していると思う」

▼安里さんの語りを聞くことはもうできない。ただ残された多くの言葉から思いを引き継ぐことができる。「子や孫に絶対に戦争を好むような人になってほしくない。体験するのは私たちで終わりにしてほしい」



県内最高齢の語り部 安里要江さん告別式(2020年11月15日配信『沖縄テレビ』)

キャプチャ2

キャプチャ2-1

キャプチャ3

キャプチャ4

キャプチャ5

キャプチャ6


沖縄戦の実相を伝える最高齢の語り部として活動を続けた安里要江さんの告別式が15日執り行われ、多くの参列者が最後の別れを惜しんだ。

今月12日に99歳で亡くなった安里要江さんは、沖縄戦で夫や子供など親族11人を失った経験から、二度と同じ悲劇を繰り返してはならないとおよそ40年に渡り語り部として活動してきた。

▽安里要江さん2017年取材『私たちはたくさんの命を失った。でもそれを忘れたころに戦争は来る』

安里さんの体験は戦争の悲惨さを伝える映画「GAMA月桃の花」の主人公のモデルとしても描かれた。

告別式では多くの参列者が安里さんの死を悼んだ。

▽安里さんの語り部活動に付き添った平和ガイド松永光雄さん『ガマの中の証言というのはかなり苦しかったと思います』『長い間、沖縄戦を語って頂いてありがとうございますと(伝えた)』

安里さんは子ども達が平和に暮らせるよう気力と命の限り戦争の記憶を伝えてきた。



[安里要江さん死去]「語り部」の使命貫いた➡ここをクリック






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ