FC2ブログ

記事一覧

議会制度130年 国会で記念式典 天皇皇后両陛下も出席(2020年11月29日配信『NHKニュース』)

キャプチャ6

キャプチャ


日本で議会制度が始まって、29日で130年になるのを記念して、天皇皇后両陛下も出席されて、国会で式典が行われました。

日本の議会は、第1回帝国議会の開院式が明治23年に行われてから、29日で130年になります。

これを記念する式典が参議院本会議場で行われ、天皇皇后両陛下と、秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまも出席されました。

29日は国会議員の出席者を大幅に絞るなど新型コロナウイルス対策もとられました。

キャプチャ1

 式典で天皇陛下が、「我が国を含む世界各国は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による困難な状況に直面しており、国会が、国権の最高機関として国の繁栄と世界の平和のために果たすべき責務は、ますます重要になってきていると思います。先人の努力をしのぶとともに、決意を新たにして、国民の信頼と期待に応えることを切に希望します」と述べられました。 

天皇陛下のおことば全文

 議会開設130年記念式典に、皆さんとともに出席することを誠に喜ばしく思います。

 わが国の議会は、明治23年、大日本帝国憲法の下で開会された第1回帝国議会に始まり、中断されることなく、戦後、日本国憲法により設立された国会に引き継がれて、今日に至っています。明治、大正、昭和、平成、そして令和と、これまで130年の歳月にわたり、議会が、わが国における議会政治の確立に努め、国の発展と国民生活の安定向上に力を尽くしてきたことに深い感慨を覚えます。

 現在、わが国を含む世界各国は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による困難な状況に直面しております。その中にあって、国内外の諸情勢に思いを致すとき、国会が、国権の最高機関として、国の繁栄と世界の平和のために果たすべき責務は、ますます重要になってきていると思います。

 ここに、関係する皆さんが、先人の努力をしのぶとともに、決意を新たにして、国民の信頼と期待に応えることを切に希望します

キャプチャ2


 続いて菅総理大臣が、「人口減少や少子高齢化に加え、新型コロナウイルスの感染拡大と、さまざまな試練に直面する我々は、これらを乗り越えて新しい時代の日本をつくり上げていかなければならない。各国との信頼、協力関係をさらに発展させ、世界の平和と繁栄のために貢献していくことが求められている」と述べました。

キャプチャ7


 一方、共産党は、「戦前の帝国議会を踏襲した、天皇中心のやり方になっており戦後の国会と区別して行うべきだ」などとして、式典を欠席しました。



旧定国義会➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ