FC2ブログ

記事一覧

スパコン富岳が「通勤電車内」飛沫感染計算を“拒否”のなぜ(2020年12月6日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
降車しても気を抜けない

 新型コロナウイルスの「第3波」は収まる兆しが見えない。感染再拡大の一因となっている「Go To トラベル」は全面停止されないのに、各地で不要不急の外出自粛が求められ、3密回避やマスク着用が呼びかけられている。矛盾に満ちた対策が続く中、連日のようにメディアが取り上げるのは、理研がスーパーコンピューター「富岳」で計算した飛沫拡散シミュレーションだ。

 飲食店やカラオケのほか、タクシーの車内や航空機内での飛沫の広がりを計算。衝撃的なのは咳の分析だ。運転席と後部座席の間にパーティションを設けていない車内では、エアコンの強い気流により発生した飛沫やエアロゾルは10秒以内に車内に拡散。パーティション設置とマスク着用で飛沫の拡散抑止効果がみられたという。

 機内のシミュレーションでは、通常姿勢とリクライニング姿勢で乗客が咳をしたケースを分析。座席を倒していない場合は飛沫が前後1列程度、左右4列程度まで、リクライニングを使用した場合は前後2列、左右4列程度まで拡散した。こちらもマスクを着用すれば飛沫の拡散をある程度抑えられるという。

 ここで気になるのが、市民の移動の足として最も利用される公共交通機関でのシミュレーションがない点だ。3密と隣り合わせの通勤電車の分析がないのはなぜなのか。今後、公表の予定はあるのか。理研の回答はこうだった。

「タクシーと航空機内については、マスク着用について社会的にいろいろと議論もあるようなので今回取り上げました。一方、通勤電車については、既にマスク着用が一般化しているので今のところ予定はありません」(計算科学研究推進室)

 推して知るべし、ということなのか。ハーバード大学院卒で医学博士・作家の佐門新氏(元WHO専門委員)はこう言う。

「風速別に野外活動中の飛沫到達数まで分析しているのに、通勤電車内のシミュレーションをしていないとは考えにくい。国交省が鉄道各社に要請している窓開け換気によって生じる風が飛沫をより遠くまで運び、感染リスクを大きく高めてしまうような結果が出たため、国交省に忖度して封印しているのでないか。そう疑ってしまいます。実際に中国では、レストランのエアコンの風が原因で感染を広げた事例が報告されています」

 パニックが生じるほどの結果だったのか……。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ