FC2ブログ

記事一覧

うちに来る?「駅の子」育てたママの記録 びっしり245人、よみがえる戦争孤児(2020年12月7日配信『毎日新聞』)

キャプチャ2
1950年代前半に「愛児の家」の庭で子どもたちと遊び、笑みを浮かべる石綿貞代さん(中央)。「ママ」と慕われた=愛児の家提供

キャプチャ
「愛児の家」に保管されていた資料の一部=椋田佳代撮影

 終戦から間もない東京で戦争孤児を引き取る活動を始めた女性がいた。上野駅に足を運び、地下道などに寝泊まりする「駅の子」と呼ばれた孤児に声をかけた。厳しい生活を送る子どもたちの母代わりとなり、いつしか「ママ」と慕われたという。一時期は100人以上が暮らした場所は児童養護施設となり、今も草創期の記録が残る。戦後75年の今年に一部が書籍化された資料をひもとき、関係者を訪ねた。【椋田佳代】

 始まりは1945年9月下旬、自宅に戦争孤児を引き取ったことだった。「母の友人が6、7歳の男の子を連れてきたのがきっかけです。行き先がなく困っていたそうで、分かるのは自分の名前だけ。年齢も分かりませんでした」。東京都中野区にある児童養護施設「愛児の家」で、三女の石綿裕(ひろ)さん(88)はそう振り返る。母親は孤児を育てる活動をした貞代さん(本名・さたよ、89年に92歳で死去)だ。

迎え入れた子どもたちと家族のように
 貞代さんは45年11月には愛児の家の前身となる「戦災孤児救護婦人同志会」を設立。「日本中が大変なのだからできることをやりましょう」と言い、当時13歳だった裕さんらを連れて上野駅に通った。

 上野駅の地下道は薄暗く、大人も子どもも地べたに座っていた。貞代さんは「うちに来る?」と声をかけ、望めば…



キャプチャ

キャプチャ2

ママの教訓
人に迷惑をかけないで、ご飯をたべていける人になってほしい。

労働をいとわず、愛されなくてもよいから、人に嫌われない人になってほしい。

人間は学問がすべてではなく、人柄が大切である。

幸せは、与えられるものではなく、自分がつくるもの。

最後に困るのは自分一人。

顔はその人の財産。


公式サイト➡ここをクリック



キャプチャ2
キャプチャ

残された資料と当事者の証言から、
戦後史の闇に葬られた元浮浪児たちの過酷な人生を追う。

1945年の終戦直後、焦土と化した東京では、家も家族もなくした浮浪児が野に放り出されていた。その数、全国で3万以上。金もなければ食べ物もない。物乞い、窃盗、スリ……生きるためにあらゆることをした。時に野良犬を殺して食べ、握り飯一個と引き換えに体を売ってまで――。
残された資料と当事者の証言から、元浮浪児の十字架を背負った者たちの人生を追う。戦後裏面史に切り込む問題作。

【目次】

序章 遺書

第一章 上野と飢餓
東京大空襲/終戦と飢餓/闇市の幕開け/商売の開始/女の子

第二章 弱肉強食
上野の支配者たち/不良少年/パンパンとの交友/列島流浪

第三章 上野の浄化作戦
狩り込み/闇市からマーケットへ/パンパン狩り/子供たちの行方

第四章 孤児院
愛児の家/施設に入る/日常生活/教育と仕事/子供たちの闇/社会へ

第五章 六十余年の後
現在の上野にて/億万長者/僕って誰?/初孫/生きることの本質/人間としての芯

あとがき
主要参考文献
解説:石綿裕

石井光太
1977(昭和52)年、東京生れ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。国内外の文化、歴史、医療などをテーマに取材、執筆活動を行っている。著書に『物乞う仏陀』『神の棄てた裸体』『絶対貧困』『レンタルチャイルド』『ルポ 餓死現場で生きる』『遺体』『蛍の森』『浮浪児1945-』『「鬼畜」の家―わが子を殺す親たち』などがある。

アマゾン➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ