FC2ブログ

記事一覧

道内で9人死亡、204人感染 旭川過去最多50人 新型コロナ(2020年12月9日配信『北海道新聞』)

キャプチャ

 道などは8日、道内で新型コロナウイルスに感染した9人が死亡し、新たに204人が感染したと発表した。新規感染者が200人を超えたのは4日ぶり。旭川市発表分は50人で、2日の46人を上回って過去最多となった。新たなクラスター(感染者集団)は、札幌の医療機関や旭川の飲食店などで5件を確認。国内最大規模のクラスターとなっている旭川厚生病院は新たに職員4人、患者6人が感染し、感染者が計247人になったと発表した。

 新規感染者のうち、札幌市発表分は112人(居住地非公表17人)。道内の感染者は累計で1万338人(実人数)となった。

 道内の死者は計271人になり、9人の内訳は札幌市の80代の男性と女性、90代男性の計3人のほか、旭川市の年代性別非公表の6人。旭川は大規模なクラスターとなっている旭川厚生病院の5人と慶友会吉田病院の1人で、厚生病院の死者は計19人、吉田病院は計28人となった。

 新たなクラスターは、札幌市内の医療機関で職員9人と入院患者3人の計12人の感染を確認。認可外保育施設では職員10人、理容店では従業員4人と客1人の計5人が感染した。

 旭川市では飲食店で従業員4人と客1人の計5人、苫小牧市では、うとない保育園の職員計13人が感染した。

 既存のクラスターでは、旭川市内で厚生病院のほか、慶友会吉田病院は新たに患者や看護師ら8人が感染し、計195人になった。重症心身障害児(者)施設の北海道療育園は計45人になった。札幌市手稲区の札幌田中病院でも職員2人と患者11人が感染し、計210人となった。

 7日時点の入院患者数は前日より5人増え、過去最多の998人となった。道独自の感染対策の基準の「警戒ステージ」で「5」の目安(900人)を上回っている。

 新規感染者の居住地は札幌市が95人。管内別では札幌市を除く石狩が12人(江別市3人、石狩市2人、北広島市2人)、後志2人(小樽市2人)、空知1人、胆振16人(苫小牧市5人)、上川51人(旭川市50人)、宗谷2人、十勝7人(帯広市1人)、渡島1人(函館市1人)、非公表17人。

 札幌市ススキノ地区の接待を伴う飲食店では1店2人増の168店、568人となった。(若林彩、高橋澄恵、久保吉史)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ