FC2ブログ

記事一覧

75歳以上の医療2割負担、年収200万円以上に…首相と公明代表合意(2020年12月9日配信『読売新聞』)

 政府・与党は9日、75歳以上の後期高齢者が医療機関で支払う窓口負担をめぐり、負担割合を1割から2割に引き上げる対象範囲を「年収200万円以上」(対象者数約370万人)とする方針を決めた。菅首相と公明党の山口代表が9日夜に会談して合意した。政府は近く、全世代型社会保障検討会議(議長・菅首相)を開き、こうした方針を盛り込んだ最終報告を取りまとめる。

 首相と山口氏の会談は東京都内のホテルで約1時間半にわたって行われ、両者はこれまでの主張から双方が歩み寄ることで一致した。会談後、首相は自民党幹部に電話し、10日に自公の政調会長会談を開き、引き上げの実施時期など詰めの調整を行うよう指示した。公明党は実施時期を2022年夏の参院選後の同年10月以降とするよう求めており、自民党も受け入れる方向だ。

キャプチャ

 現在、後期高齢者の窓口負担割合は、現役並み所得(年収383万円以上)がある人は3割、その他は1割となっている。2割への引き上げの対象範囲を巡っては、厚生労働省が「年収240万円以上」(約200万人)から「年収155万円以上」(約605万人)まで年収基準に応じて線引きする五つの案を示していた。首相が2番目に対象者数が多い「年収170万円以上」(約520万人)を求めたのに対し、公明党は対象を最も絞った「年収240万円以上」を主張し、協議が難航していた。



「年収200万円以上」で合意 高齢者医療費2割負担―自公党首、歩み寄る(2020年12月10日配信『時事通信』)

 菅義偉首相(自民党総裁)は9日夜、公明党の山口那津男代表と東京都内のホテルで会談し、75歳以上の医療費負担の引き上げについて、対象となる高齢者の範囲を「年収200万円以上」とすることで合意した。15日の閣議決定を目指し、両党の政調会長間で詰めの調整を行う。

2割負担「議論自体が問題」 受診控えの加速懸念―日医会長

 政府は2022年度から後期高齢者の医療費窓口負担を1割から2割にする方針。対象者について、首相は「年収170万円以上」を主張。公明党は首相案では対象が広過ぎるとして「年収240万円以上」を訴え、調整が難航していた。

 自公両党は衆院広島3区の候補擁立をめぐっても対立。双方で感情的なわだかまりが積み重なっている状態で、首相と山口氏は早期に収拾する必要があると判断した。実施時期は、公明党が求めた22年夏の参院選後の同年10月以降となる方向だ。

 「団塊の世代」が75歳以上になり始める22年度以降、医療費は急増が確実視される。現役並みの年収383万円以上の後期高齢者は3割を負担しているが、全体の7%にとどまる。政府は1割負担の人のうち一定所得以上を2割とする考えだ。

 「年収200万円以上」とする場合、対象者は約370万人。厚生労働省が先にまとめた5通りの試算のうち、対象者の数は真ん中の3番目となる。約520万人が引き上げ対象だった首相の「170万円以上」案と比べ、負担増になる高齢者の数は絞り込まれ、現役世代の負担の増加を抑制する効果は薄まる。



首相と公明、選挙意識し思惑交錯 高齢者医療費引き上げ決着(2020年12月9日配信『産経新聞』)

 75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げる制度改革をめぐり、菅義偉首相と公明党の山口那津男代表は9日夜、2割負担の所得基準について単身世帯の年収「200万円以上」で大筋合意し「決められない政治」に陥ることを避けた。

 公明が求めていた「240万円以上」は厚生労働省が示した5案のうち最も対象者が少ない案で、来年の衆院選を意識したのは間違いない。自民党内にも公明案を支持する議員は少なくなく、公明は強気に出た。衆院選を意識するのは首相も同じだが、首相の場合は譲歩することで改革後退と映るのを避けたかった。

 こうした思惑の違いに加え、首相と山口氏が支持する案が早くから表沙汰となったことで、政府・与党内から「トップの意思が明確になってしまうと調整しづらくなる」との声が漏れ、交渉は難航を極めた。事態を打開するには、もはや党首会談を行うしかなかった。

 大筋合意した案は政府案と公明案の折衷案だ。5案のうち「170万円以上」と「240万円以上」の間には「200万円以上」と「220万円以上」の2案があるが、政府案寄りなのは「200万円以上」。首相にとって、公明の顔を立てながらも、改革を進めたといえるギリギリのラインといえる。

 与党内には新型コロナウイルスの感染拡大を理由に改革先送りを求める声も強かったが、コロナ禍の行方は見通せない。全世代型社会保障検討会議は近く最終報告をまとめるが、令和4年から団塊の世代が後期高齢者になり始めるなど、人口構造の変化は待ってくれない。少子高齢化という構造的な問題を抱えている以上、これからも改革の歩みを止めてはならない。(坂井広志)





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ