FC2ブログ

記事一覧

GoToで感染拡大に根拠 スコットランド首相「旅行が原因」(2020年12月11日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
「『旅行の盛り上がり』が原因」と、発表したスコットランドのスタージョン首相

「新型コロナウイルスの感染拡大は旅行が原因だった」

 英スコットランド自治政府のスタージョン首相が9日の会見で発表した。

 根拠となったのは、国内の科学者らが作成した、英専門家会議「SAGE(非常時科学諮問委員会)」向けの報告書だ。

 ウイルスの遺伝子配列を解析し、スコットランド内での「第1波」と「第2波」それぞれで蔓延したウイルスの種類を突き止めた。

 その結果、第1波を封じ込めた後に持ち込まれた、全く別系統のウイルスによって、第2波が引き起こされたことが分かった。

 なぜ、異なる系統の遺伝子配列を持つウイルスが存在したのか?

 スコットランドでは、3月に実施したロックダウンによって、7月にはウイルスの封じ込めに成功。ところが、ロックダウン解除後の7~8月末にかけて夏季の旅行が盛り上がった。その結果、イギリス国内に加え、他のヨーロッパ諸国やアジアから入ってきたウイルスがスコットランド内に広がってしまったのだ。最も蔓延したのはヨーロッパ本土から入ってきた系統だったことが判明している。

科学者らは、旅行によって英国内外からウイルスが持ち込まれたと結論づけている。

 研究結果を受け止め、スタージョンは「一度は抑え込んだ感染が再拡大した背景に、旅行が大きな役割を果たしたことを明確に示している」と明言。同席した自治政府の医療責任者は、今後も旅行を禁止しない限りこのシナリオは常に起こる可能性があると強調している。

 やっぱり、旅行が感染を拡大させていたのだ。

 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏はこう述べる。

「検査をして陰性だった人のみ旅行を許可すればいいだけの話です。そうしていれば、北海道も今のようにはなっていなかったでしょう。日本もイギリスも、リーダーの判断ミスで感染拡大した“コロナ負け組”です」

 菅首相はこれまで、「Go To トラベルが感染拡大の主要な原因であるとのエビデンスは、現在のところ存在しない」の一点張り。しかしついに、科学的根拠が出てきた。これでもまだGo Toを続けるのなら、人命は二の次だと言っているのも同然だ。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ