FC2ブログ

記事一覧

初々しい女王山口美也、初Vに「自分でもビックリ」(2020年12月13日配信『日刊スポーツ』)

キャプチャ
女子シングルスで初優勝を飾った山口美也(撮影・小堀泰男)

<パラ卓球:FIDジャパン・チャンピオンシップ>◇最終日◇13日◇神奈川県立スポーツセンター◇男女シングルス決勝トーナメント

 知的障がい者卓球の今年の日本チャンピオンが決まった。

 女子決勝は山口美也(18=滋賀県障がい者卓球連盟)が櫨山七菜子(24=青葉クラブ)にフルゲームの3-2(7-11、9-11、12-10、11-6、11-8)で逆転勝ちし、初優勝を飾った。

 ビッグサプライズだった。準々決勝でリオデジャネイロ・パラリンピック代表の伊藤槙紀を破った。さらに準決勝で川崎歩実、決勝で櫨山と、世界ランカーを3人続けて撃破した。櫨山戦は第3ゲームでマッチポイントを握られてからの大逆転だった。

 右のカット主戦型。粘って粘って相手のミスを誘った。「伊藤さんには勝てないと思ってました。決勝? 2ゲーム取られて、コーチから足が動いてないと言われて、それで頑張りました。自分でもビックリです」。

 これまで年代別大会の優勝経験こそあるが、目立った実績はない。国際大会出場もなく、世界ランキング外の存在だ。だから目標は「日本代表になって海外の試合に出てみたいです」。メディアのインタビューも初体験。1次リーグから6試合を勝ち上がり、初々しい女王が誕生した。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ