FC2ブログ

記事一覧

萩生田文科相が芸者遊びにノーマスク会食、菅首相がマスク会食呼びかけた日に… 石田純一や手越を叩いたワイドショーはなぜ沈黙?(2020年12月14日配信『リテラ)

hagyuda_01_20201214.png
萩生田文科相の芸者遊びを報じた『報道特集』

 ようやく年末年始の「GoToトラベル」全国停止を決めた菅義偉首相。遅きに失したとしか言いようがないが、その上、すぐさま全国停止にするのではなく28日からにするなど、医療提供体制が弱くなる年末年始に向けて感染者を減らすということが考えられていないものだ。

 そんななか、菅政権の閣僚の呆れた事実が判明した。菅首相が政府の新型コロナ対策本部会議で「マスク会食」の徹底を呼びかけたその日に、萩生田光一文科相が都内の料亭で、芸者同席で「ノーマスク」会食していたと、12日放送の『報道特集』(TBS)がスクープしたのだ。

 菅首相は11月21日の新型コロナ対策本部会議で国民に「マスク会食」を呼びかけたが、『報道特集』によると、まさにその約1時間後にあたる18時半ごろ、萩生田文科相は地元である東京都八王子市内の料亭に。そこでは、「12畳ほどの個室に(萩生田)大臣のほか、2人の男性と、芸者の女性ら少なくとも合わせて6人がいた。萩生田大臣と男性のあいだに芸者の女性がおり、向かいの男性の両脇にも芸者の女性がいた。テーブルの上には数本の酒の瓶が並んでいた」という。

 そして、「このとき萩生田大臣はマスクを着けておらず、向かいの男性もマスクを付けず、笑顔を見せていた」というのである。
「GoToイート」を一時中止して飲食店に直接補償をおこなうといった政府としての対策を怠りながら、国民に「マスクを着用して静かに会食しろ」などと呼びかけること自体が責任の押し付けにほかならないが、そんななか、閣僚がノーマスクで、さらには芸者同伴の宴会を開いていたとは──。

 しかも、言うまでもなく、萩生田氏は教育行政を取り仕切る文部科学大臣だ。小学生が体育の時間もマスクを着用したり、給食中も無言の食事をおこなうなど、我慢を強いられるなかで、かたや文科大臣が当時すでに警戒レベルが最高段階に引き上げられ大人数での会食を控えるよう呼びかけられていた都内の料亭で、芸者を呼んで会食とは、呆れ果てるほかない。

 その上、この日の政府のコロナ対策本部会議に萩生田文科相は出席せず、高橋ひなこ副大臣が出席していた。これを文科省は「慣例に従った順番」だとしているが、学校クラスターも発生している状況下で大臣が出席せずに、その後、料亭で会食とはどういうことなのか。

 しかし、さらにあ然としたのは、このあとだ。

『報道特集』の記者は萩生田事務所にFAXで質問を送った上で、放送前日の11日朝、萩生田文科相に「先月21日にマスクされないで八王子市内で会食されてますけれども、それについて適切だったとお考えですか?」「芸者の方を囲んで会食されていると思うんですけども」とマイクを向けて追及。すると、萩生田文科相は「食事のときにマスクを? 外したり着けたりしてね」「芸者の方を僕が囲んで? 席にお見えになったのはそうです」などとコメント。「ちゃんと答えますので。3時に」「少人数の会食でしたから」と言い残して立ち去った。

教育行政のトップがコロナ禍で芸者遊び、「芸者は食事してない」「少人数だった」の言い訳

 だが、その後に萩生田事務所がおこなった回答は、言葉を失うような内容だった。

まず、書面での回答では、「会食は経済界のお招きにより遅参、中座でしたが出席をさせて頂きました」「長時間、大人数のものではなく、店側にも対策を講じていることを確認しているため、適切であったか否かを一概に言うことはできません」とし、芸者との会食についても、こう説明したという。

「芸者は食事をしていません」
「また、芸者がいるかどうか、会食の場に行くまで知りませんでした」


「芸者は食事をしていません」って、そんなことは当たり前の話で、問題は芸者を同伴するような酒席に参加していたことだが、なんと、さらに萩生田事務所側はこう言い張ったというのだ。

「少人数で長時間ではなかったため、首相の言う会食にはあたらない」

 少人数で長時間でなければ「会食」ではない……!? そんなこと、さすがの菅首相でも口にはしていないはずだし、菅政権が継続にこだわっていた「GoToイート」だってこの時点で会食は4人以下に人数制限されていた。そもそも辞書には「会食」は「人が集まって一緒に食事をすること」と書いてある。つまり、文科大臣ともあろう人物の事務所は、言葉の意味まで捻じ曲げて、芸者同伴の「会食」を正当化したのだ。

 想像の斜め上をゆくこの回答には開いた口が塞がらないが、これには松尾貴史もこうツイートした。

〈奥義、ごはん論法。「芸者は食事をしていません」いや、この会食で食べたかどうかは感染の原因云々にならんでしょうが。芸者を間に挟んで至近距離で軽口を叩きながら利権の話なのか慰労なのかをしていたのでしょう。その立場で,このタイミングで。教育行政のトップの品性がすっとこどっこいですよ。〉

石田純一や手越祐也の会食を叩いたワイドショーが萩生田の芸者遊び会食には沈黙の理不尽

 まったく松尾の指摘どおりだが、しかし、問題はもうひとつある。それは、この萩生田文科相の問題をワイドショーがどこも取り上げていない、ということだ。

 一体これはどういうことなのか。たとえば、元NEWSの手越祐也が緊急事態宣言下で飲み会に参加していたときは、ジャニーズ事務所に弱腰のワイドショーやスポーツ紙もこぞって取り上げ、結果的にジャニーズ退所となった。既報のとおり、このときジャニーズ側が報道にOKを出していたと言われているが、ワイドショーでは「社会人として自覚が足りない」などと批判が巻き起こった。

 手越だけではない。ほかにも石田純一もコロナから回復したあとに飲み会に参加していたとして、同じように猛バッシングを浴びていた。

 それが現役の政治家、しかも教育行政を司る文科大臣が、菅首相が国民に「マスク会食」を呼びかけるなかでそれも無視し、芸者同伴で宴会をおこなっていたというのに、話題にさえしない──。為政者に対してこそ、いつも芸能人にするように、自宅や文科省で待ち伏せし、マイクを向け、「本当に適切と考えるのか」「『会食ではない』と言うのか」「本当に芸者同伴だと知らなかったのか」「不要不急じゃないという根拠は」と矢継ぎ早に追及をおこなうべきではないのか。

 奇しくもいま、Twitter上では「#マスコミは芸能よりも巨悪を叩け」というハッシュタグが盛り上がりを見せているが、この萩生田文科相の問題も同じことが言えるだろう。

(編集部)







スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ