FC2ブログ

記事一覧

Go Toトラベル一時停止 事業者補償 旅行代金の50%に 国交相(2020年12月15日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

赤羽国土交通大臣は、Go Toトラベル事業を全国一斉に停止する期間を含む旅行について、予約がキャンセルされた事業者に対する補償を、旅行代金の35%から50%に引き上げる方針を正式に発表しました。

Go Toトラベルは、今月28日から来年1月11日まで全国一斉に停止されることになり、予約の取り消しに伴うキャンセル料は国が補償します。

これに関連して、赤羽国土交通大臣は15日の閣議のあとの記者会見で、この期間を含む旅行の予約がキャンセルされた事業者に対する補償を、旅行代金の35%から50%、1件当たりの上限を2万円に引き上げることを正式に発表しました。

これについて赤羽大臣は「年末年始は最大のかき入れ時で事業者の負担軽減をはかるため、これまで以上に手厚い支援策を講じる」と述べました。

そのうえで「事業者の懸念に対応するため各地方運輸局に相談窓口を設置して資金繰り、雇用維持の支援が行き渡るような体制をつくる。大変なご苦労をおかけするが早期に感染拡大をオールジャパンで封じ込めるためにもご理解、ご協力をいただきたい」と述べました。

キャプチャ2

官房長官「医療機関の負担軽減し最大限の予防措置とるため」

加藤官房長官は、閣議のあとの記者会見で「Go Toトラベル」について「今月11日の政府の分科会で『ステージ3』相当の対策が必要な地域では、一時停止するなどの提言をいただいた。この提言を踏まえ、多くの方の仕事などが休みとなる年末年始は集中的に対策を講じられる時期でもあり、医療機関などの負担を軽減し、最大限の予防措置をとるため、全国一斉に一時停止する措置を実施する」と述べました。

そのうえで「分科会の提言でも『Go Toトラベル』は感染拡大の主要な要因であるというエビデンスは現在のところ存在しないとされており、この認識が変更されたものではない。今回の判断について、国民の十分な理解が頂けるよう、引き続き、関係省庁で連携して情報発信に努めたい」と述べました。

キャプチャ3

田村厚生労働相「もう一度 感染防止徹底を」

田村厚生労働大臣は閣議のあとの記者会見で「今回の『Go Toトラベル』を含めて、静かな年末年始や正月ということで、もう一度、理解をしてもらい、基本的な感染防止を徹底してほしい。ただ、それでも寒くなることなどを考えた場合に、急激に感染拡大が収まるという楽観的な考えを持ってはいけない。今の感染拡大をこれ以上、増やさないよう、再度、この決定を機にお願いしたい」と述べました。

キャプチャ4

自民 二階幹事長「成果を見守りたい」

自民党の二階幹事長は記者会見で「全国規模で感染拡大が続いている状況であり、これ以上の拡大防止と医療体制を守るためには、日本全体が引き締めて対応するということが必要ではないか。大変な決断だったと思うが、しっかりした効果があがるよう各位の努力を期待し、成果を見守っていきたい」と述べました。

キャプチャ5

公明 山口代表「判断は妥当 丁寧な補償措置を」

公明党の山口代表は記者会見で「感染者数が高止まりし、なお増えつつあるので、年末年始の休日期間を生かす判断は妥当だ。全国一斉に一時停止する点は極めてわかりやすく、明確なメッセージになっている。損失を被る事業者などもいて、丁寧に補償措置をしっかりとってもらいたい」と述べました。

キャプチャ6

立民 枝野代表「政府の失策 速やかに補償措置求めたい」

立憲民主党の枝野代表は、後手後手の対応で失策だなどと批判したうえで、政府は「兆単位」の資金を投入し、感染拡大防止と医療の下支えを進めるべきだという考えを示しました。

このなかで枝野氏は、政府が「Go Toトラベル」の一時停止を決めたことについて「われわれは1か月以上、見直しを求めてきたが、政府は結局、何の手も打てずにこの事態を招いた。後手後手の何乗かと言っていいぐらい、後手に回ったと言わざるをえない」と述べました。

そのうえで「結果として経済活動を止めるよう求める時期が、年末年始のかき入れ時にあたってしまい、観光・飲食業により多くの打撃を与えた。政府の失策であり、速やかに補償措置を打ち出すことを強く求めていきたい」と述べました。

また枝野氏は「いま急いでやらなければいけないことは感染拡大防止であり医療の下支えだ。『兆単位』のお金を一気に注ぎ込まなければ、使命感で頑張っている医療従事者が、もう精神的にもたなくなっている」と指摘しました。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ