FC2ブログ

記事一覧

「支持率下落は至極妥当」 田原総一朗さんが菅首相に苦言 「国民を甘く見すぎている」(2020年12月16日配信『毎日新聞』)

キャプチャ
インタビューに答える田原総一朗さん=東京都中央区で2020年11月24日午後4時47分、金志尚撮影

 「政界のご意見番」がお怒りである。菅義偉内閣が発足して3カ月。この間、世間の耳目を集めたのは、日本学術会議の任命拒否問題、そして「第3波」とも呼ばれる新型コロナウイルス拡大への一連の対応だろう。政界の大物に対し、歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで「注文」をつけてきたジャーナリストの田原総一朗さん(86)、菅義偉首相に言いたいことがあるらしい。その至言に耳を傾けた。【金志尚/統合デジタル取材センター】

GoTo全国一斉停止、遅すぎ

 ――「GoToトラベル」が12月14日に急きょ全国一斉で停止されました。政府の一連のコロナ対策についてどう見ていますか。

 ◆前首相の安倍晋三さんは「日本モデルが成功した」と言っていましたが、成功していたら第3波は来ていないですよ。下手したら今後第4波も来る。

 医療の現場は今、人手不足など医療資源が逼迫(ひっぱく)してきています。尾身茂さん(政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会会長)や医療界の「人の動きを減らす必要がある」との求めに対して、今の政府の対応は一貫性がなく、あいまいです。西村康稔経済再生担当相は11月13日、「(GoToトラベル)キャンペーンを使って旅行するかどうかは国民の皆さんの判断だと思う」と述べていますが、極めて無責任な発言です。この後に全国知事会は国に対し、旅行キャンセル料への財政支援など求める緊急提言を出しています。国には任せていられないということで動いたのでしょう。直後に政府もキャンペーンの運用見直しを決めましたが、対応が後手に回っています。

 ――「決断が遅い」と世論からも批判を浴びています。

 ◆東京では連日500~600人もの感染者が出ていたのに、都は当初お年寄りと既往症のある人だけに利用自粛を呼びかける形にとどめていました。そもそも、お年寄りや病気を持つ人は既に十分気をつけていますよ。やるなら65歳以下に呼びかけないと意味がない。なぜこんな中途半端な対応になったのか。僕には(都知事の)小池百合子さんと菅さんが責任のなすりつけ合いをしているようにしか見えませんでした。結局、国と自治体の権限の所在が曖昧という課題を今も引きずっているわけです。感染症法や新型インフルエンザ等対策特別措置法を改め、この構造をいいかげん見直さないといけません。

 その上で、GoToトラベルの一斉停止についてですが、率直に言って「やっとか」という思いです。医療関係者は「もっと早く停止を」と言い続けていましたが、菅政権や自民党は経団連はじめ経済界の意向を重視しすぎです。実は政府が停止を発表した日の午前中、(自民党の)二階俊博幹事長に電話をしたんです。彼は「田原さん、『GoTo』は停止だ。夕方に発表する」と言っていましたが、決定は遅すぎだと思います。

 ――菅内閣の支持率は、今月行った毎日新聞の世論調査で40%、NHKの調査でも42%と急落しています…




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ