FC2ブログ

記事一覧

新型コロナ変異種すでに上陸か?英からの陽性入国者は増加(2020年12月23日配信『日刊ゲンダイ』)

c230cb81d81bd7b2c4dcf4410a5f407220201223115421228.jpg
早くあきらめた方がいい(菅首相とIOCのバッハ会長)

 英国内で感染が急拡大している新型コロナウイルスの変異種。ジョンソン英首相は「感染力が最大70%強い可能性がある」と説明している。50カ国以上が英国発の旅客機の受け入れを停止するなど水際対策に走り出し、加藤官房長官も22日、水際対策を強化する考えを示した。しかし、時すでに遅しで、日本に上陸している可能性はないのか。徹底検証する。

 ◇  ◇  ◇ 

 日刊ゲンダイは、厚労省の公開データを基に空港検疫で判明した陽性者を調査。行動歴が「英国」の入国者に絞ると、12月は9人。うち、21日までの10日間に限ると7人だった(別表)。10月は8人、11月は4人なので、ここへきて増えているように見える。

キャプチャ
英ヒースロー空港の出発ロビーで、マスクを着けて椅子に座る男性ら

 英国では変異種ウイルスが9月に出現し、11月から感染が拡大した。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。

「例えば、12月に陽性が判明した『行動歴が英国』の入国者が変異種ウイルスに感染していても不思議ではありません。コロナに感染していても空港のウイルス検査は精度の問題があり、陰性と出ることもある。陰性扱いの入国者から変異種ウイルスが日本で広がる恐れもあります」

観客入りでの東京五輪は困難に

 これでは、東京五輪の観客入り開催はいよいよ苦しいのではないか。

 政府は五輪に多くの外国人客を呼び込むため、移動の自由を重視。五輪期間中は外国人客に対し、観戦を事実上困難にする2週間隔離や公共交通機関不使用を廃し、ワクチン接種も義務付けない方向で検討してきた。ところが、変異種ウイルスの登場で状況は一変しそうだ。

「各国は、変異種ウイルスの感染拡大によって英国がロックダウンに追い込まれているのを目のあたりにし、入国制限など往来を規制する方向に走り出しています。また、新たに感染力の強い変異種ウイルスが登場するかもしれない。来夏に観客入り東京五輪を開催するのはかなり難しくなったと考えていいでしょう」(上昌広氏)

 菅政権は来年度予算で7年連続過去最高額の防衛費を閣議決定。今の日本にとって最大の脅威は新型コロナなのに、持続化給付金や家賃支援金の再支給も盛り込まなかった。

 世界の流れに逆行し、東京五輪をゴリ押しすれば、とんでもない事態に陥ることになるだろう。

 PCR検査は感染してても「偽陰性」になる割合は30%とされる。また、英国滞在者は陰性でも14日間の待機が必要だが、短期出張の日本人や日本に居住する外国人の再入国は免除されてきた。

 さらに国の要請に従わず、公共交通機関で待機場所に移動する入国者もいるのだ。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ