FC2ブログ

記事一覧

感染者1337人「想定外の急増」 都衝撃、医療負担より深刻に(2020年12月31日配信『産経新聞』)

「想定外の跳ね上がり方だ」。31日、東京都内の新規感染者数がそれまでの最多を400人近く上回る1337人と報告され、都庁に衝撃が走った。12月30日のモニタリング会議では、医療提供体制が「危機的状況に直面している」との懸念が示されたばかりだったが、31日は重症者数も30日から4人増えて89人に。手薄になるとされる年末年始の医療機関への負担が、さらに深刻になった格好だ。

 「一気に1300人を超えるとは思わなかった。それだけ新型コロナの市中感染が広がっているということだ」。都幹部は、それまで最多だった12月26日の949人、そして30日の944人を大幅に上回る新規感染者数に驚きを隠せない様子で話した。別の幹部も「いずれ1000人を超えると考えていたが、この跳ね上がり方は想定外だ」という。

 11月19日のモニタリング会議では、当時の感染傾向が4週間継続すれば新規感染者数が1000人を超える可能性に言及しており、都はその規模を想定して病床や、軽症者ら向けの宿泊療養施設の確保を進めてきた。

 しかし、感染者の急増で医療機関の受け入れ体制は逼迫(ひっぱく)している。12月30日のモニタリング会議は医療提供体制について「危機的状況に直面している」と分析。調整の難航で入院が翌日以降にずれ込む待機患者が多数発生している上、重症病床の診療体制確保のためには通常医療を行っている医師、看護師に対応してもらう必要があり、救急の受け入れや予定手術の制限などを余儀なくされている医療機関があると指摘している。

 さらに、冬は例年、脳卒中や心筋梗塞などの入院患者が増える時期で、新型コロナの感染拡大が継続する場合、他の病気の重症者の受け入れが困難になる恐れもあると警鐘を鳴らした。

 12月23日時点で約1900人だった自宅療養者は、31日には3100人を超えた。無症状者が多いことなどが背景にあるとされるが、健康観察などを行う保健所業務は急増している。

 都は医療機関などの負担軽減や家庭内感染を防ぐために、軽症者ら向けの宿泊療養施設の積極活用を目指す。入院としている65歳以上の軽症者らのうち、70歳未満で重症化リスクのある基礎疾患などがない人を宿泊療養施設で受け入れるようになった。ただ、「医療提供体制の逼迫状況を大きく改善するには、新規感染者数を大幅に減らすしかない」と都幹部。年末年始の感染防止対策徹底が重要との認識を示した。



東京都 新型コロナ 新たに1300人余の感染確認 初の1000人超(2020年12月31日配信『NHKニュース』)

 キャプチャ

キャプチャ2

キャプチャ4

キャプチャ5

キャプチャ6


東京都内で、31日新型コロナウイルスの感染が確認された人は、これまでで最も多い1300人余りにのぼることが関係者への取材でわかりました。都内で1日に1000人を超えるのは初めてです。

都内では新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していて、12月に入って1日に900人台や800人台の日が相次いでいます。

こうしたなか、大みそかの31日、都内で感染が確認された人は1300人余りにのぼることが関係者への取材でわかりました。

都内で1日に1000人を超えるのは初めてで、これまでで最も多かった今月26日の949人を大幅に上回ります。

また、曜日ごとに見ても過去最多を更新するのは17日連続になります。

小池知事は30日開いた臨時の記者会見で「かつてない大きさの第3波が襲いかかってきている。この年末年始が感染拡大を食い止められるか否かの分水れいだ。命を優先してほしい」と述べ、年末年始は家で静かに過ごし、忘年会や新年会、会食などは行わないよう強く呼びかけました。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ