FC2ブログ

記事一覧

両陛下の新年ビデオメッセージ コロナ禍の国民案じ収束願う(2021年1月1日配信『TBSニュース』)



新年にあたり、天皇皇后両陛下のビデオメッセージが公開されました。例年2日に行われる新年一般参賀が新型コロナウイルスの影響で取りやめとなったことから、ビデオでおことばを述べられました。両陛下がそろってビデオメッセージを出されるのは、初めてのことです。以下全文です。

【天皇陛下】
 皆さん新年おめでとうございます。

【皇后陛下】
 おめでとうございます。

【天皇陛下】
 今年の正月は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、残念ながら一般参賀の場で皆さんに直接お話をすることができなくなりました。そこで、今回は、ビデオで新年の御挨拶をしようと思います。

 振り返りますと、昨年7月に、豪雨により多くの尊い命が失われたことは痛ましいことでした。御家族を亡くされた方々や、住む家を無くし、仮設住宅などで御苦労の多い生活をされている方々の身を案じています。

 この1年、私たちは、新型コロナウイルスという、今の時代を生きる私たちのほとんどが経験したことのない規模での未知のウイルスの感染拡大による様々な困難と試練に直面してきました。世界各国で、そして日本でも多くの方が亡くなり、大切な方を失われた御家族の皆さんのお悲しみもいかばかりかと思います。

 そのような中で、医師・看護師を始めとした医療に携わる皆さんが、大勢の患者さんの命を救うために、日夜献身的に医療活動に力を尽くしてこられていることに深い敬意と感謝の意を表します。同時に、感染の拡大に伴い、医療の現場がひっ迫し、医療従事者の皆さんの負担が一層厳しさを増している昨今の状況が案じられます。

 また、感染拡大の防止のために尽力されている感染症対策の専門家や保健業務に携わる皆さん、様々な面で協力をされている多くの施設や、国民の皆さんの努力や御苦労も大変大きいものと思います。

 この感染症により、私たちの日常は大きく変わりました。特に、感染拡大の影響を受けて、仕事や住まいを失うなど困窮し、あるいは、孤独に陥るなど、様々な理由により困難な状況に置かれている人々の身の上を案じています。感染症の感染拡大防止と社会経済活動の両立の難しさを感じます。また、感染された方や医療に従事される方、更にはその御家族に対する差別や偏見といった問題などが起きていることも案じられます。その一方で、困難に直面している人々に寄り添い、支えようと活動されている方々の御努力、献身に勇気付けられる思いがいたします。

 私たち人類は、これまで幾度も恐ろしい疫病や大きな自然災害に見舞われてきました。しかし、その度に、団結力と忍耐をもって、それらの試練を乗り越えてきたものと思います。今、この難局にあって、人々が将来への確固たる希望を胸に、安心して暮らせる日が必ずや遠くない将来に来ることを信じ、皆が互いに思いやりを持って助け合い、支え合いながら、進んで行くことを心から願っています。

 即位以来、私たちは、皆さんと広く接することを願ってきました。新型コロナウイルス感染症が収まり、再び皆さんと直接お会いできる日を心待ちにしています。

 そして、今年が、皆さんにとって、希望を持って歩んでいくことのできる年になることを心から願います。ここに、我が国と世界の人々の安寧と幸せ、そして平和を祈ります。

【皇后陛下】
 この1年、多くの方が本当に大変な思いをされてきたことと思います。今年が、皆様にとって少しでも穏やかな年となるよう心からお祈りいたします。

 また、この冬は、早くから各地で厳しい寒さや大雪に見舞われています。どうぞ皆様くれぐれもお体を大切にお過ごしいただきますように。



天皇陛下が新年ビデオメッセージ 雅子さまも同席 一般参賀中止受け(2021年1月1日配信『毎日新聞』)

 宮内庁は1日、新年に合わせた天皇陛下のビデオメッセージを公表した。陛下は新型コロナウイルスの感染拡大に直面する国民に対し、「安心して暮らせる日が遠くない将来に来ることを信じ、互いに思いやりを持って助け合い、支え合いながら、進んでいくことを心から願っています」と呼びかけられた。

 陛下が国民に向けてビデオメッセージを出すのは初めて。皇居での新年一般参賀が中止となり、恒例のおことばがなくなったことを踏まえて決めた。

 住まいの赤坂御所(東京都港区)で収録した映像は6分45秒にわたり、皇后雅子さまも同席した。陛下はメッセージの大半を新型コロナを巡る国民への思いに充てた。これまでの状況を「困難と試練」と位置づけ、犠牲者の家族に「お悲しみもいかばかりか」と哀悼の意を示した。医療従事者への敬意と感謝の意を改めて表し、経済的困窮者や、差別や偏見を受けている感染者らを案じた。

 陛下は「感染拡大防止と社会経済活動の両立の難しさを感じます」とも述べ、「感染症が収まり、再び皆さんと直接お会いできる日を心待ちにしています」と話しかけた。メッセージでは2020年7月の九州豪雨の犠牲者遺族や被災者らを心配する気持ちも示した。

 皇后さまは「皆様にとって少しでも穏やかな年となるよう心からお祈りいたします」と述べた。

 新年の天皇、皇后による歌の公表は、20年は主要な地方訪問がなく、見送られた。1日に両陛下が皇居・宮殿で皇族や三権の長、各国大使らから新年のお祝いを受ける「新年祝賀の儀」は規模を縮小して行われる。

 天皇の国民向けビデオメッセージは、上皇さまが2度行っているが、皇后が同席するのは初めて。小田部雄次・静岡福祉大名誉教授(近現代皇室史)は「両陛下が国民生活を深く心配していることが伝わってくる」とした上で、「象徴天皇制では国民との直接の交流が極めて重要で、ビデオメッセージは極めて異例の手段。陛下は即位から日も浅く、コロナ収束後には皇后さまと積極的に各地に出向いてほしい」と話した。【和田武士】





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ