FC2ブログ

記事一覧

コロナとともに明けた新年 異例の元日、各地の表情(2021年1月1日配信『日本経済新聞』)

2021年が幕を開けた。新型コロナウイルスの感染拡大は収まる兆しが見えず、初詣をはじめ新春の恒例行事は軒並み変更などを迫られている。人々からは新型コロナの早期収束を願う声が多く聞かれた。異例の元日となった1日の各地の表情を伝える。

キャプチャ
午後2時半 閑散とした成田空港(千葉県成田市)

成田国際空港内は人の姿がまばらだった(1日午後2時半、千葉県成田市)

日本最大の世界からの玄関口である成田空港(千葉県成田市)。例年なら元日も多くの旅行客らが行き来するが、世界的な航空需要の低迷を受け、今年はほとんど人の姿が見受けられなかった。

空港内の飲食店も多くは臨時休業・閉店が続いているほか、空港カウンターも大部分は閉まり、薄暗い光景が広がる。数少ない国際便で中国人の彼氏を見送りにきたという本田みなみさん(20)は「感染者が増えていて、入国を制限するという話もあるようだ。彼は一時帰国だけれど、次に会うのは少し先になるかも」とさみしそうな表情を浮かべた。

キャプチャ2
午後2時 箱根駅伝も観戦自粛求める(東京都千代田区)

箱根駅伝の沿道観戦を控えるよう求める看板(1日午後、東京都千代田区)

2日に東京・大手町をスタートする箱根駅伝。出発地付近では1日午後、関係者が準備作業を進めていた。主催する関東学生陸上競技連盟は沿道での観戦を控えるよう呼びかけている。

キャプチャ3
午後1時 「客は例年の半分以下」箱根湯本(神奈川県箱根町)

箱根湯本駅周辺では若者やカップルの姿が多く見られた(1日午後1時ごろ、神奈川県箱根町)

温泉観光地の箱根湯本駅(神奈川県箱根町)周辺では若者やカップルの姿が多く見られた。飲食店などに並ぶ列も見られたが、それでも「例年の半分以下」(土産店)。これまでは2日からの箱根駅伝を見ようと宿泊・観光に訪れる人が多かったが、観戦自粛が呼びかけられたことが利用減少につながったという。

ある土産店の店員は「若者は増えたけれど、土産を買うのは結局年配の人だから」と売り上げへの影響を嘆いていた。

キャプチャ4
午後0時半 「初詣客は5分の1」成田山新勝寺(千葉県成田市)

成田山新勝寺には例年ほどの混雑ぶりは見受けられなかった(1日午後0時半、千葉県成田市)

毎年多くの初詣客が訪れる成田山新勝寺(千葉県成田市)。昨年は過去最多を更新する約318万人が訪れたが、今年は「1日の人数は昨年の5分の1ほど」(担当者)。例年大混雑する参道も、この日はマスクをつけた参拝客が滞りなく歩く姿が見られた。

家族と毎年初詣に来るという大学生の田中瞳さん(21)は「いつもは本堂に着くまで時間も体力も使うけれど、これだけスムーズだと今年はすぐに帰ることになりそうだ」と話した。

午前 「悩んだ末に参拝」 箱根神社(神奈川県箱根町)

キャプチャ5
箱根神社を訪れた参拝客ら(1日午前、神奈川県箱根町)

箱根神社(神奈川県箱根町)では参拝客がおみくじを引いたり、お守りを購入したりする姿が見られた。例年駐車場に入るための渋滞や待ち時間が話題となるが、今回は空車の駐車場も見られ、参拝客からは「こんなに早く着くとは」との声が聞かれた。

例年なら三が日で10万人が訪れるという。30年以上元旦に参拝しているという静岡県在住の50代男性は「ここまですいているのは初めて」と驚く一方、コロナの流行で「前日まで(参拝に行くか)悩んだ」と話す。2人の息子が春に就職と進学を控え、節目として参拝することを決断したという。

午前11時すぎ 温泉街は雪景色(岐阜県下呂市)

キャプチャ6
川沿いの温泉街は夜通し降り積もった雪景色に包まれた(1日午前、岐阜県下呂市)

人気の観光地で「日本三名泉」の一つとされる下呂温泉(岐阜県下呂市)では、マスクを着けて雪景色を楽しむ観光客らの姿がみられた。温泉宿が立ち並ぶ川沿いの温泉街は、夜通し降り積もった真っ白な雪に包まれた。

ある老舗旅館は年末年始の客室の予約が「ほぼ満室」という。東京から訪れた宿泊客の女性(58)は「新型コロナ対策もしっかりしていて安心。今年は温泉で『おこもり正月』を満喫したい」と話した。

午前9時 東京駅閑散 「やることなさすぎ」(東京・千代田)

キャプチャ7
人影のまばらな東京駅周辺(1日午前9時ごろ、東京都千代田区)

午前9時すぎの東京駅周辺は、行き交う人も少なく閑散とした雰囲気が広がった。1歳半の長女を連れて丸の内を散策していた東京都文京区の男性会社員(37)は、新型コロナ感染拡大の影響で愛媛県への帰省を自粛したといい「正月だけど、やることがなさすぎて娘を連れ出した。人も少なくて、ゆっくりできるのは良かった」と話した。

キャプチャ8
東京駅近くでは車の通りもまばらだ(1日午前9時すぎ、東京都千代田区)

午前8時半ごろ 明治神宮、間隔あけて初詣(東京都渋谷区)

キャプチャ9
間隔をあけて並び、手を合わせる人たち(1日午前8時26分、東京都渋谷区の明治神宮)

新型コロナ対策で夜通しの初詣の受け入れを取りやめた明治神宮(東京・渋谷)では、1日午前6時の開門時に訪れた初詣客は数十人ほど。例年に比べて人出は激減している。参拝客は間隔をあけて整列し、静かに手を合わせた。息子2人と訪れた都内在住の会社員、田村将之さん(42)は「子どもたちのためのイベントや行事が中止になってしまった。今年こそはコロナが収束してほしい」と話した。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ