FC2ブログ

記事一覧

西村コロナ担当相のツイート 「いつもの正月」でまた炎上(2021年1月4日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ

ブログ「新年の決意」➡ここをクリック

キャプチャ2
国民の感情を逆なでするような投稿…(西村康稔コロナ担当相のツイッターから)

 どうして、わざわざ国民の感情を逆なでするような投稿をするのか。西村コロナ担当相のツイートが炎上している。

 西村氏は1日、門松の横にタキシード姿で立つ写真と一緒に、<新年おめでとうございます。宮中の新年祝賀の儀に参列してまいりました……>と投稿。

 このツイートが、国民の怒りを買っているのだ。

<西村、マスクしろや 家でもマスクだろ><マジで何やっとんの? 参列って何?><おめかしして出歩いて賑やかな正月やっとるやん!!><なんで家にいないの? リモート参加すればいいのに><みんな苦しんでるのに何してんだよ><国民には外出するなと強制して祝賀の儀って冗談みたいですね。だから国民があなた方を信用しない、信頼しないのがわからないのですか?>と、怒りの声が噴出。

 旅行も帰省も初詣も諦めた国民も多いだけに、国民に自粛を呼びかけながら、自分だけ「いつもの正月」を過ごしていることに対して批判が殺到しているのだ。

 西村氏のツイートが炎上するのは、今回が初めてじゃない。昨年4月、多くの国民がPCR検査を受けられなかった時期に、発熱などの症状もなく、濃厚接触者でもなかったのに、視察に同行した役人が感染したという理由だけで、<なおPCR検査も受け、陰性であることも確認しました>とツイートし、<ずるい><どうしてあなたが検査を受けられるのか>と炎上している。

 どんなツイートをしたら、どんな反応があるのか、わかりそうなものなのに、なぜ炎上を繰り返しているのか。

「結局、国民に寄り添う気持ちがないということでしょう。政治家にとって一番大事なことは、どうすれば国民が平穏に暮らせるかを考えることです。大衆の気持ちが分からなければ政治はできない。逆に言うと、国民の生活を第一に考えていれば、国民が何を望み、どんな不安を抱いているか分かるはずです。ツイートが何度も炎上するのは、国民のことを考えていない裏返しです」(政治評論家・本澤二郎氏)

 これでは、国民のためのコロナ対策は永遠に行われない。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ