FC2ブログ

記事一覧

朗読劇「#ある朝殺人犯になっていた」に須賀健太、山崎大輝、赤澤遼太郎ら

朗読劇「#ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日から2月7日まで東京・こくみん共済 coop ホール / スペース・ゼロで上演される。
キャプチャ

本作はインターネットが普及した現代の闇をミステリー仕立てで描いた藤井清美の小説「#ある朝殺人犯になっていた」を朗読劇化するもの。原作小説はU-NEXTで電子書籍として配信され、昨年11月に書籍として出版された。浮気淳弥は、佐藤昌紀と漫才コンビ・スレンダーズを組んで3年の売れない芸人。ある朝、目覚めた浮気は、自分がひき逃げ犯だという噂がSNSで拡散されていることを知り……。

脚本・演出を藤井、音楽を二本柳一明が担当。キャストには須賀健太をはじめ、Wキャストの山崎大輝と赤澤遼太郎、同じくWキャストの宮澤佐江と美山加恋、そして真凛、馬渕英里何、山崎裕太、松本利夫(EXILE)が名を連ねた。チケットの一般販売は1月22日にスタート。

なお本作では、2月にU-NEXTにて生配信を予定。

またバリアフリー型の動画配信プラットフォーム・THEATRE for ALLでは、視覚・聴覚障害のある人も楽しめる手話同時通訳、生副音声を組み込んだアーカイブ配信を実施予定だ。



キャプチャ2

浮気淳弥(うきじゅんや)(28)は、佐藤昌紀(まさき)(25)と漫才コンビ「スレンダーズ」を組んで3年の売れない芸人。ある朝、目覚めた浮気は、SNS上に自分がひき逃げ犯だという噂が広がっていると知る。6歳の女の子がひき逃げされた悲惨な事件が時効を迎えようとしており、ネット民は怒り狂っていた——。「俺は関係ない」と否定すればするほど、過去が暴かれ、プライバシーが晒されてゆく。人生を取り戻すなら犯人を見つけるしかない! 炎上や個人攻撃のメカニズムを赤裸々に暴き出す、迫真のジェットコースター・エクスペリエンス! !

キャプチャ
藤井清美 (ふじい・きよみ)
1971年生まれ。徳島県で育つ。筑波大学在学中に舞台から仕事をはじめ、映像の脚本でも活躍。近年挑戦している小説では、大学で歴史学を学んだ経験を活かし、綿密な調査と取材を強みとする。舞台では小劇場から大劇場まで多くの作品を発表。『ブラックorホワイト? あなたの上司、訴えます! 』(作・演出)など。ドラマ・映画のシナリオでは恋愛ものからサスペンス、スケールの大きなアクション作まで手掛ける。「相棒」「恋愛時代」「ウツボカズラの夢」「執事 西園寺の名推理2」(以上ドラマ)、「引き出しの中のラブレター」「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」「るろうに剣心」シリーズ、「見えない目撃者」(以上映画)。小説では『明治ガールズ 富岡製糸場で青春を』「偽声」『京大はんと甘いもん』。

アマゾン➡ここをクリック





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ