FC2ブログ

記事一覧

文科相表彰を知事に報告 障害者支援の滋賀県立大サークル(2021年1月16日配信『中日新聞』)

キャプチャ
三日月知事に表彰を報告した「ハーモニー」の中森代表(左から2人目)ら=県庁で

 障害者の文化活動を支援する滋賀県立大のボランティアサークル「Harmony(ハーモニー)」が、活動実績を評価されて文部科学相表彰を受けた。メンバーの学生ら3人が15日、県庁を訪れ、三日月大造知事に報告した。



キャプチャ

この度、滋賀県立大学ボランティアサークルHarmonyが文部科学大臣表彰を受けることになりました。

当サークルは、2003年から障がい児・者の自立支援と共生社会を目指す学生団体として結成されました。

毎年恒例のクリスマスコンサートは、結成当時からずっと続けられてきた活動であり、Harmonyの象徴でもあります。

17年の間に色々考え、工夫しながらも、障がい者と学生たちが一丸となって続けられてきたのは、やはりメロディーさんや先輩方の影響が大きかったのだと思います。

それに加え、特別支援学校や作業所の方々、他の学生団体さん、地域の方々に支えられています。

そして、この投稿を見てくださった皆様にも支えられています。

私自身、堅苦しいのは苦手なんですけど、これだけの支えがあるからこそ、無為にはできないなと思いました。

もう12月なので、私が代表でいられるのも残り3ヶ月程度ですが、次の世代に後悔が残るようなことはしたくないです。

2020年は私たち学生にとって、とても短く感じましたが、その分だけ様々な工夫がみられて特別な1年となりました。

来年はどうなるかは分かりませんが、少なくとも今の状況よりも良くなっていることを願います。

インスタグラム➡ここをクリック



令和2年度「障害者の生涯学習支援活動」に係る文部科学大臣表彰者の知事への受賞報告について

2021年1月14日 滋賀県

文部科学省では、障害のある方々の生涯学習支援活動を行う個人又は団体について、その活動内容が他の模範と認められるものに対し、その功労・功績をたたえ、文部科学大臣表彰を行っています。

このたび、滋賀県立大学「近江楽座」の活動団体であるボランティアサークルHarmonyが、令和2年度の「障害者の生涯学習支援活動」に係る文部科学大臣表彰を受賞され、報告のため下記のとおり知事を訪問されるのでお知らせします。

1 訪問日時
令和3年(2021年)1月15日(金)11:00~11:15

2 場所
滋賀県庁内知事応接室

3 出席者(予定)
ボランティアサークルHarmonyの学生の皆さん、滋賀県立大学廣川能嗣学長等

4 ボランティアサークルHarmonyの概要
「NPO法人障害者の就労と余暇を考える会メロディー」の専属ボランティアとして、特別支援学校・学級、作業所などに通う障害のある方々の屋外での活動などを平成15年(2003年)から支援している。



キャプチャ4

キャプチャ

キャプチャ2JPG
キャプチャ3

令和2年度「障害者の生涯学習支援活動」に係る文部科学大臣表彰事例集 (PDF)➡ここをクリック





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ