FC2ブログ

記事一覧

静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機(2021年1月20日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
ビジョンから外出自粛を呼びかけ(渋谷区)

 変異種が猛威を振るうのは時間の問題か――。静岡県内の男女3人が英国由来の新型コロナウイルスの変異種に感染していたことが判明。感染経路が分からない「市中感染」の可能性が浮上している。政府による水際対策の失敗が浮き彫りとなった今、首都圏と関西圏は蔓延危機に備えるべきだ。
 ◇  ◇  ◇
 変異種が国内で初めて確認されたのは先月25日。19日までに計47人が変異種に感染し、うち38人は英国由来で、27人が空港検疫で確認された。

 静岡で感染したのは、20代と40代の女性、60代男性の計3人。いずれも海外の滞在歴はなく、滞在歴のある人や変異種の感染者との接触もなかった。3人とも軽症で、女性2人は療養期間を終え、60代男性は県内の宿泊施設での療養をもうすぐ終えるという。

 変異種への感染が判明したキッカケは県外で検査を受けた、別の患者に変異種の感染疑いが浮上したこと。この患者はウイルス量が足りず、変異種かどうか分からなかったが、濃厚接触者である20代と40代の女性の検体を国立感染症研究所で調べたところ変異種と判明。さらに、この女性2人と同じ地域に住む患者12人の検体も調べたところ、60代男性に変異種感染が認められた。

 感染経路は厚労省のクラスター班と静岡県が調査しているが、現時点ではナゾに包まれている。「市中感染」の可能性について同県に問い合わせると、「海外からの帰国者が多いわけでもなく、国際空港が県内にあるわけでもないので、当県だけに変異種の感染者がいるとは考えにくい。他県にも一定数が存在するのではないか」(感染症対策班)との見方だった。

■専門家も「各地に広がっている可能性は否定できず」

 確かに、静岡の一部だけでなく他の地域にも変異種が広がっていると考えるのは自然だ。西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏(感染症学)がこう言う。

「今回の事例は、たまたま静岡で変異種の感染者が見つかったと考えるのが妥当で、すでに変異種が各地に広がっている可能性は否定できません。問題の変異種は昨年9月に英国で確認され、12月に英国内で猛威を振るい、他国にも飛び火しました。にもかかわらず、日本政府はビジネスの往来にこだわり、海外からの入国を止められなかった。水際対策は失敗に終わったのです」

 とりわけ海外への出入り口である成田や羽田、関空など、国際空港を抱える首都圏や関西圏は要注意だ。それでも政府の対応は「感染対策は従来と同じ」の一点張り。東京・大阪の2大都市にも変異種が広がっている恐れがあるにもかかわらずだ。

「要するに、新たに打てる対策はない、ということでしょう。英国由来の変異種は感染力が強いといわれています。第3波を止められていない現状で、感染力が最大1.7倍の変異種まで猛威を振るったら、政府は完全にお手上げでしょう」(中原英臣氏)

 振り返れば、政府は昨年1月、感染拡大が進んでいた中国からの入国を止めず、春節には観光客が来日。その結果、3月からの「第1波」につながった。同じ失敗の「轍」を踏む政府のせいで、変異種の「第4波」に襲われるかもしれない。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ